神奈川県央エリアに28万5500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ

今週のリベルタ


全版

◆カンタン<手作り><冷凍豆腐>メニュー

冷凍豆腐のそぼろ丼。あっさりヘルシー

 

 

おなじみの「木綿豆腐」を冷凍し水分を抜いて料理に使う冷凍豆腐。味がしみやすくなり食感が肉に似ることから、ヘルシーな食材としてダイエットレシピとしても注目されています。また、冷ややっこのおいしい季節。簡単な手作り豆腐はいかがですか?豆腐のおかずを特集します。

 
冷凍豆腐の作り方

 

ペーパータオルを重ねて巻いて冷凍

 

①木綿豆腐を半分に切り、キッチンペーパーでしっかりと包む。水が出るので2~3枚重ねて包むと安心。

 

②ペーパーごとラップで包み、保存袋に入れて一晩冷凍する。自然解凍もしくはレンジで解凍してからラップとペーパーを外す。

 

③皿などの重しを載せて水切りをする。均等に手で力を加えても可。

 

④調理に合わせたサイズに切る、もしくは手で崩す。*冷凍前に水切りすることも可能ですが、軟らかく崩れやすいので注意を。

 

 

おすすめの使い方

 

フライパンで簡単。冷凍豆腐の照り焼き

中華風のタレで食べる手作り豆腐

キュウリとトマトであっさり夏の豆腐メニュー

 

溶き卵と鶏ガラスープの素小さじ2、しょう油小さじ1、酒小さじ1、おろしショウガとニンニクを混ぜた調味料で下味をつけ、片栗粉をまぶしてきつね色になるまで(170℃で約5分)揚げる「豆腐の唐揚げ」。ローカロリーなのが魅力です。

ほかにも崩してひき肉の代わりに使う料理は、包丁を使わずにできるのでおすすめ。小さく崩した冷凍豆腐を、しょう油大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1とおろしショウガで水分がなくなるまで炒めてそぼろ丼に。

冷凍豆腐とひき肉と混ぜてハンバーグにするとヘルシーなのに食べごたえが出ます。

 

 

スピードメニューも!

 

薄めに切って冷凍した冷凍豆腐は、スピードメニュー向けです。 解凍して片栗粉をまぶし、フライパンでこんがり焼いたら、しょう油、酒、みりん、砂糖で作ったタレを入れて煮絡めます。とろみが出たら火を止め、盛り付けて小ねぎを散らすと「冷凍豆腐の照り焼き」の完成です。

 

 

手作り豆腐に挑戦

 

①成分無調整の豆乳200㏄に、にがり小さじ1を加え、泡立たないようにそっと混ぜ耐熱性の器に小分けする。

 

②鍋に湯を張り①を入れ、茶碗蒸しの要領で蒸す。※またはふんわりとラップをかけて、電子レンジで沸騰直前まで温め、ふきんや新聞紙などでくるんで保温し、20分ほど余熱で固めます。

 

 

冷ややっこにもぴったり!万能タレの作り方

 

 

★洋風アレンジ

 

キュウリとトマトを小さく刻み、オリーブオイル、塩、コショウで和える。※好みで粉チーズを足しても。

 

 

★中華風アレンジ

 

ショウガとニンニク各1かけをおろす。長ネギ10㎝をみじん切りに。しょう油大さじ2、酢大さじ1、砂糖大さじ1、ごま油大さじ1、白ごま大さじ1と混ぜ合わせる。

大和・相模原南部版

◆全国初の自転車消防チーム「消防ファットバイク隊」発足

大和市役所で発足式が行われた

悪路走行のデモンストレーション

 

 

瓦礫が散乱した悪路や雪道などでも走破することが可能な自転車「ファットバイク」。これを活用した「消防ファットバイク隊」の発足式が2日、大和市役所で行われた。

同隊は大和市消防職員で編成され、2人1組のチームで現場に出動。投げて使う消火剤などを持参し、情報収集や初期消火、応急手当などの任務に当たる。

発足式には大木哲大和市長や萩野谷公一消防長などが出席。悪路走行のデモンストレーションなどが披露された。「大和市は全国有数の人口密集地域。大規模災害の際、車両だと現場に迅速にたどり着けない恐れもある。災害時は時間との勝負のため、機動性の高いファットバイクを採用した」と大木市長。全国初の取り組みで「ぜひ全国に広まってほしい」と話した。

本署8台、北分署4台、南分署4台、西出張所2台、柳橋出張所2台の合計20台が配置される。

 

 

 

◆聖セシリアバレエ発表会ドン・キホーテを披露

 

美しい舞で観客を魅了

 

4日、海老名市文化会館大ホールにて、聖セシリアバレエ発表会が行われた。

同学園では、2007年度4月より、課外活動として「聖セシリアバレエスタジオ」を開校。日本有数のバレエ団である「(公財)井上バレエ団」からプリンシパルをはじめ、現役ダンサーを講師として迎え、校内のバレエ用の施設で、学園に在籍する園児、児童、生徒ら希望者を対象に、毎週月曜日から金曜日までの放課後レッスンを行っている。

今回の発表会では74人の子どもたちと、(公財)井上バレエ団のダンサー2人が「ドン・キホーテ」を中心とする演技を発表。日本バレエ協会会長や保護者をはじめ600人を超える観客の前で、日頃の練習の成果を発表した。

 

 

 

◆大切な日をより特別にプレミアム婚姻届

 

提出は全国どこでも

先月26日から、大和市でプレミアム婚姻届が販売されている。

デザインは、市内在住のイラストレーター及川正通さんと、漫画「JIN―仁―」の作者である村上もとかさんのイラストが入った2種類。自分たちの婚姻届として購入するほか、子どもや孫へプレゼントに買っていく人も。限定各800セットで、どちらも1セット300円。

〔問〕TEL046(260)5111、同市市民課。

 

海老名・綾瀬・座間版

◆出会いを応援!座間市で婚活講座

2013年から行われている、座間市の公民館婚活が今年も開催されます。

対象は30歳から50歳の男女。親睦を深めることを目的にパティシエール藤野弘美さんに教わる料理教室や、バスハイクなどが予定されています。

講座は全部で4回。7月の第1週から第4週まで、毎週日曜日の11時~15時(予定)。参加は無料です(材料費別途)。

申し込みは16日(火)~6月18日(日)に、電話、FAXまたは直接公民館で。定員各12人。

〔問〕TEL046(255)3131、FAX046(252)2776、同市公民館。

 

 

◆1年間の成果を発表~座間公民館まつり

 

大にぎわいだった以前の様子

19日(金)~21日(日)、10時から16時(最終日は15時)まで、座間市公民館で、第36回公民館まつりが開催されます。

参加サークルは展示部門、催し物部門、模擬店部門の3つにわかれ、日々公民館で活動しているサークルが1年間行った芸術、文化活動の成果を発表しています。

ポップコーンやフランクフルトなどを販売している模擬店のほかに、土日には13時から古本市も。 最終日の21日18時からは、3階集会室でダンスパーティーが行われます。

〔問〕TEL046(255)3131、同市公民館。

 

 

◆相続フォーラムin海老名プロに聞く相続対策

 

相続の基本を学べます

29日(月)に海老名市文化会館3階多目的室で、NPO法人相続アドバイザー協議会(R)主催の「相続フォーラムin海老名」が開催されます。

このイベントは、相続アドバイザーへの個別相談(要事前予約)や、相続対策を学ぶミニセミナーなど、相続に関する疑問を解消できるような内容となっています。

時間は10時から17時。対象は海老名市在住の人。参加無料。ミニセミナーの詳細や個別相談の申込みは、海老名市地域づくり課市民相談室まで※事前予約受け付けは26日(金)まで。

〔問・申〕TEL046(235)4567、同課。

瀬谷・泉区版

【厚木版】 市内各地でイベント・GWに笑顔満開

親子で工作に挑戦!

空を舞う手作りのせんみ凧

 

科学の楽しさを知ってもらおうと、厚木市子ども科学館で5日、「子ども科学館まつり」が開催されました。

プラネタリウムでは「名探偵コナン 星影の魔術師」など人気の4番組を投映。ほかにも、「おもしろふんすいショー」やミニ工作教室などに、多くの親子が笑顔で参加していました。

また、玉川地区文化振興会では先月29日と30日に、「せんみ凧」のたこ揚げ大会を開催。

「せんみ凧」は、子どもの成長を願い、同地区で昔から5月の節句に揚げられていたもの。参加者は、「玉川せんみ凧保存会」のメンバーから指導を受けながら2日間でたこを作成し、地区内の田んぼで見事に舞い上がらせていました。

 

 

◆ひろみちお兄さんと親子で運動あそび

 

10代目体操のお兄さんの佐藤弘道さん

NHK番組「おかあさんといっしょ」で、長年体操のお兄さんを務めた佐藤弘道さんが、遊びながら体を動かす楽しさを教える「ひろみちお兄さんの親子運動あそび」が6月24日(土)15時から荻野運動公園メインアリーナ(中荻野1500)で行われます。

対象は、市内在住在学の3歳から小学2年生とその家族。定員100組程度(抽選)。入場無料。託児あり。

申込みは往復ハガキに〒住所、氏名、年齢、保護者氏名、電話番号、参加人数を明記し、〒243─8511スポーツ推進課まで。応募は1組1枚。5月26日必着。

〔問〕TEL046(225)2531、スポーツ推進課。

 

 

◆助成金を活用して安全に自転車に乗ろう

厚木市自転車安全利用促進条例では、幼児・児童のヘルメット着用が義務付けられています。市では、幼児から高校生、高齢者の自転車ヘルメット購入費用を新品1個につき1000円助成。助成券兼申請書に必要事項を記入し、対象店舗で提示。期間は2018年3月31日まで。

また、幼児2人を同乗させる自転車を購入する場合、購入費用の2分の1まで(限度額1万6000円)助成が受けられます。対象は、6月3日(土)、18日(日)に厚木小学校で開催される講習会に参加し、購入時に6歳未満の子どもが2人以上いる人。講習会の申込みは5月31日まで。

詳細はTEL046(225)2760、交通安全課に問合せを。