神奈川県大和市・相模原市・海老名市・座間市・綾瀬市・厚木市に22万500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー。チラシ配布も承ります

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • お客様の声
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ

今週のリベルタ


全版

新年の幕開けは本格オペラの名曲!

主催・出演の崔宗宝さん(右)と、カリオラさん

毎年大評判のニューイヤーコンサート。来年も海老名市、大和市で開催されます。主催者で、自身もバリトン歌手の崔宗宝(さいそうほう)さんに、話を聞きました。

28年前に来日して以来、日本の童謡で言葉と文化を学んだ崔さん。ニューイヤーコンサートの開催は「日本への恩返しです」と話します。 新年を華やかな音楽と晴れ着で祝うウィーンのようなシーンを地元に生み出したいと、コンサートに情熱を注いでいます。

コンサートの見どころ①

本格的イタリアカンツォーネ イタリアから招待する2人の歌手が最大の目玉。 テノール歌手カリオラ・グイードさんは、往年のパヴァロッティをほうふつとさせる風貌と歌声で人気の歌い手。アメリカカーネギーホールでのガラコンサートに出演し、好評を博しました。国際的にも高レベルの演奏を地元で堪能するチャンスです。 もう一人はソプラノ歌手ティツィアーナ・ドゥカーティさん。最年少18歳でのアレッサンドリア国際コンクール優勝を皮切りに、7つもの国際声楽コンクールですべて優勝という快挙を果たした実力派。最高レベルの歌唱は至高の芸術と称されます。

コンサートの見どころ②

地元若手音楽家の活躍と第一級エレクトーン 海老名市出身の川田直輝さんは、高校時代から声楽部門で最高位を受賞、東京藝術大学を主席で卒業したバリトンソリスト。重厚な歌声が魅力です。 根本真澄さんは、崔さんが設立した奨学基金の学生でもあり2019厚木フレッシュアーティストとしても活躍。新年の門出にふさわしい清らかで伸びのある歌声の持ち主。若い2人の活躍をぜひ楽しんでください!! 神田将(ゆき)さんのエレクトーン演奏も大きな見どころです。一台のエレクトーンから生まれる、フルオーケストラに迫るサウンドは、時に華やか、時に繊細で圧倒的な表現力を持つ、と評されます。 中国出身のソプラノ歌手、徐萍(シーピン)さんもゲストとして出演。その美しい歌声でコンサートに華を添えます。

 

カリオラ・グイード(テノール)

ティツィアーナ・ドゥカーティ(ソプラノ)

川田直輝(バリトン)

川田直輝(バリトン)

神田将(エレクトーン)

徐萍(ゲスト・ソプラノ)

大和・相模原南部版

体験してロボットを学ぶ やまとロボットフェスタ

実際にロボットと触れ合える

市民のロボットへの関心を高めるとともに、市内の関連企業を周知するため、大和市で毎年開催されている「やまとロボットフェスタ」が今年も12月21日(土)10時~16時、大和市文化創造拠点シリウスで開催される。 毎回好評のロボットのダンスショーやバトルステージ、ドローン講義と操縦体験など多数のコーナーのほか、外骨格ロボット「スケルトニクス」の操縦体験なども予定されている(※体験希望者多数の場合は整理券を配布)。また、当日は①電子工作教室と、②プログラミング体験教室を開催。対象は①市内在住・在学の小学生定員120人、参加費500円。②小学4~6年生、定員30人。①、②とも大和市のホームページから事前の参加申し込みが必要。12月9日(月)締め切り。入場無料。〔問〕TEL046(260)5135、大和市産業活性課。

詳しくは大和市のホームページから→http://www.city.yamato.lg.jp/web/sangyo/robofes2019.html

スケルトニクスを操縦してみよう

 

相模中央キリスト教会 地域と50年の歩み 感謝礼拝とクリスマス

 


中央林間に1969年に建てられ、50年の間、クリスマスやキリスト教伝道集会、バザー、パイプオルガンのコンサートなど、地域の教会として親しまれている相模中央キリスト教会が、12月1日(日)10時40分~12時まで「50周年感謝礼拝」を行う。当日は吉田真司牧師による50周年を記念しての宣教が予定されている。また、12月15日(日)13時半~14時半には、恒例の「こどもクリスマス」を開催。クリスマスカンタータ&メッセージ、みんなでうたおうクリスマスソング、絵本のよみきかせ&ゲームのプログラムが用意されている。未就学児は保護者同伴。乳幼児も歓迎。 教会では「気軽に地域の人に足を運んでほしい」と話している。入場無料。〔住所〕大和市中央林間4―24―6、各線中央林間駅から徒歩5分。〔問〕TEL046(274)3708、同教会。【キャプション】礼拝やコンサートなど、地域に親しまれている

 

 

市内小学生の力作結集!第1回 やまと児童絵画コンクール表彰式開催

 

大和市長賞受賞の熊 加恩(かのん)さんとご家族

「たのしい家族の風景」と題した「第1回やまと児童絵画コンクール2019」展示会と表彰式が17日(日)大和市文化創造拠点シリウス1階ギャラリーで開催された。 主催の大和ロータリークラブ伊藤彦二会長は「感情表現豊かな多くの作品をありがとうございました」と感謝の意を述べた。 入賞者(努力賞は下段に)は以下の通り。(敬称略)■大和市長賞 熊 加恩(かのん)林間小3年■大和商工会議所会頭賞よしざき ゆうな 南林間小2年■大和ロータリークラブ会長賞 五十嵐 夕貴 北大和小5年■優秀賞 大谷翠(あきら)北大和小1年、高橋陽生(はるき)林間小5年、東龍大(あずまたつひろ)桜丘小5年、呉屋 れいな 林間小5年、剱持陽羽(あきは)林間小3年、内藤みわ 林間小3年、田村花奈 桜丘小4年、稲垣心汰(ここた)上和田小2年、飛嶋美羽 北大和小1年、富塚敬旦(けいたん)北大和小1年■努力賞□林間小/前川和視(かずし)、あいたたまみ、横谷寛人 (ひろと)、杉村りな、高橋咲良(さくら)□南林間小/鈴木斗渉(とわ)、竹岡和奏(わかな)□深見小/山口楓(かえで)、松本彩椰(あや)□北大和小/城野愛澄(あすみ)、海老原快斗(かいと)、梶山穣史(じょうじ)、斎藤杏奈 、中山心結(みゆ)、國久悠 、堀瑛大、中山瑛大、中山里緒奈、上川理子、米谷椛(もみじ)、高根澤梨希(りの)、津山愛莉(あいり)、金指優良(ゆら)、山口正剛(せいごう)、堀実春(みはる)、林真央、塩原禅大(ぜんだい)□文ヶ岡小/中武姫乃、小林咲和(さわ)□桜丘小/村山椿(つばき)

 

海老名・綾瀬・座間版

海老名産農産物直売会 市内大型3店舗で開催

 

海老名の生産者が丹精込めて育てた「いちご」「野菜」「花」などの農産物直売会が、12月13日(金)から15日(日)の3日間限定でイオン海老名店、マルイファミリー海老名、ダイエー海老名店の各1階野菜売り場で開催されます。 生産者と大型店が協力し「農商連携」を図ることで、海老名産の「新鮮」で「安心」な農産物を販売します。 今年は会場で海老名産農産物の購入者各店舗毎日先着100人に海老名市イメージキャラクター「えび~にゃ」のイラストが入った「地産地消 オリジナルエコバッグ」をプレゼント。主催/海老名市大型店連絡協議会。協力/海老名市地産地消推進実行委員会。〔問〕TEL046(235)8539(直通)海老名市農政課。

 

ニューイヤーコンサート2020プロムナード・コンサート

 



年末年始にかけ、「海老名市・座間市・綾瀬市文化振興プロジェクト」の一環で行う、神奈川フィルハーモニー管弦楽団によるコンサートが開かれます。 アヤセ・プロムナード・コンサートは、12月22日(日)14時半から、綾瀬市オーエンス文化会館で開催。料金は1500円、対象は4歳以上。 2020年1月11日(土)14時からは、エビナ・プロムナード・コンサート。海老名市文化会館で開催。料金は1500円、先着1000人まで。未就学児は入場不可です。※ザマ・プロムナード・コンサートはすでに終了。詳細は要問合せ。〔問〕TEL0467(70)5670、綾瀬市教育委員会生涯学習課、TEL046(235)4797、海老名市役所文化スポーツ課。

 

人と人・街がつながるホシノタニマーケット開催

 

30日(土)10時から15時まで、小田急線座間駅前のリノベーション賃貸共同住宅「ホシノタニ団地」で「ホシノタニマーケット」が開催されます(雨天時は12月1日に延期)。 当日は、地域の飲食物や雑貨の販売、ワークショップなどが行われます。さらに、市の子育て支援センターの開放や市のクリーンセンター職員によるリサイクルゲームなども。入場自由。〔問〕TEL03(5332)9920、株式会社ブルースタジオ、赤井。

 

オリンピック関連資料 思い出の品を募集

綾瀬市では、来年夏に実施予定の文化財企画展に展示する、オリンピックに関連した資料を募集します。 1960年代は、新幹線の開通やテレビの普及など、人々の生活に大きな変化がもたらされました。同展では、1960年代の綾瀬の生活や文化の変化、綾瀬とオリンピックの関係を示す写真や当時の資料、思い出の品などを展示する予定です。 募集は、1月31日(金)までに①1964年の東京オリンピックに関するパンフレット、切手、チラシなどと当時のエピソード②1960年代の綾瀬のまちの風景や生活、家庭での思い出などに関する写真やエピソードを生涯学習課へ提出(①②どちらかだけでも可)。実際の物品は後日受け渡します。〔問〕TEL0467(70)5637、同課。

 

 

厚木版

リベルタ厚木版 休刊のお知らせ

リベルタ厚木版は、社員の退職と諸般の事情によりまして、今号より当分の間、休刊させていただくことになりました。毎号発行することができましたのは、ひとえに読者の皆様と広告をご出稿いただきましたクライアントの皆様のおかげでございます。リベルタ厚木版が早くに復活できますように、会社としては鋭意努力していく所存です。配布をしていただいた皆様には、その節はまたお願いしたいと存じます。 休刊になってしまいましたことに対し、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げるとともに、今後の皆様方のご健勝を心から念じております。
株式会社神奈川中央新聞社「リベルタ」代表取締役 小別所 ひで子厚木版編集長 松岡 大輔