神奈川県大和市・相模原市・海老名市・座間市・綾瀬市・厚木市に22万500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー。チラシ配布も承ります

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ

今週のリベルタ


全版

正しい知識 ご存じですか? 「漢方」女性の不調を改善?

忙しい女性たちが「病院に行くほどじゃないから」と症状をそのままにしてしまいがちな、普段の不調。そういった不調を和らげる方法として、漢方の飲み方や効能を、漢方医学の専門家である、東海大学医学部の新井信教授に聞きました。

―そもそも、漢方とは何でしょうか。民間療法に登場する植物との違いを教えてください。

漢方は、5~6世紀に中国から日本に渡ってきた医学が日本人の体質や体格に合わせて日本で独自に発展した、日本の伝統医学です。民間療法、たとえば『ドクダミ茶は体にいいよ』といった植物の使い方は、人々の経験に基づいて『体に良い』とされるものが伝承されたものであって、医学的に用法容量が決まっているわけではありませんよね。そこが漢方との違いです。

 

―正しい、もしくは効果的な飲み方はありますか。

漢方はもともと煎じて飲む薬ですから、エキス剤をお湯に溶いて飲むのが理想的です。タイミングは食事の30分前が目安です。でもまずは飲むことが大切なので、飲みにくいときは、オブラートやゼリーなどの服薬補助剤を使っても大丈夫です。

 

―漢方の中には、ドラッグストアで買えるものもあります。市販の漢方を飲む場合の注意点を教えてください。

複数の薬を飲みたいときは専門家に相談した方が良いですね。成分が重複することがありますので、自己判断でいろいろ飲むのは避けてください。

 

 

冷え・むくみを和らげる漢方

 

―女性に多い症状についてお尋ねします。まず、冷えに効果的な漢方はありますか。

冷えには指先やつま先まで血流が届かないことによる末端の冷えと、新陳代謝が下がって体温も低くなることで感じる冷えがあります。 末端の冷えには当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)の『婦人科の3大処方』といわれるものなど、血流に関係する漢方が多く処方されます。 高齢者に多く見られる体温の低下による冷えには、附子(ぶし)を含む処方がよく使われます。

 

―婦人科の症状に処方される漢方を、冷えにも処方するのですね。

瘀血(おけつ)という言葉があります。これは血液がうまく流れていないことを意味します。末端の冷えも、月経に関連するさまざまな症状も、瘀血といえます。月経のトラブルを改善するための薬を処方することで、同じく瘀血である冷えの症状が和らぐということが多くあります。

 

―むくみも女性のよくある悩みなのですが、合う漢方はあるのでしょうか。

「漢方ではむくみのような水分代謝が悪くなった状態を『水毒』と呼んでいます。めまいや雨の前日の頭痛も水毒で、五苓散(ごれいさん)などがよく処方されます。月経のときにむくむ人には、当帰芍薬散がよいですね」

 

―病院で医師に相談するとき、どんなことに注意すればよいですか。

症状を正確に伝えることが重要ですね。「どんな症状がいちばん辛いのか」「どんな時に悪くなるのか」「症状の特徴はどうなのか(頭がどう痛むのかなど)」の3つは伝えましょう。

 

「常に自分の体を観察することが大切です」と新井教授

大和・相模原南部版

開園、やまと防災パーク “備える遊具”お披露目

開園を祝してテープカット

 

10日(日)、南林間のやまと防災パークが開園、大木哲大和市長、甘利明衆議院議員などによるテープカットを皮切りに、約1時間に及ぶ開園式が行われた。 式典中の消防演技は、近くから集まった住人も歓声をあげたほどの迫力。空から状況把握するためのドローンが何機も飛ばされ、はしご車からは大量の放水、県内初のファットバイク隊(悪路に備え2輪車で火災現場にかけつける)も出動し、手際の良い消火救出活動を見せた。 式典終了後に公園が一般開放されると、多くの子どもたちが広場や遊具に向けて駆け出した。設置された遊具は、防災対応型複合遊具、というもので、災害時には、収納してあるテントを遊具の骨組みを利用して張ることができるもの。 11月オープンの防災備蓄倉庫と合わせて市民に安全を確保する大きな助けとなる。

 

いつものすべり台がテントに変身!

 

石川公弘さん講演台湾少年工を学ぶ大和南高校の生徒たち

 

当時を語る石川さんと真剣に聞く生徒たち

東日本大震災から8年。3月11日、県立大和南高校で「いのちの授業」が行われ、1年生と2年生、合わせて約650人の生徒が参加した。 講演を行ったのは、「高座日台交流の会」会長の石川公弘さん。 最初に、東日本大震災の際に、台湾からたくさんの支援が届いたこと、優しい人柄に触れた。 そして、台湾少年工の話へ。第二次世界大戦中、台湾から日本に渡った10代の少年たちは、座間、大和、綾瀬、海老名などの地域「高座海軍工廠」で「雷電」をはじめとする戦闘機の製造に従事した。石川さんは父親が大和にあった宿舎の舎監を務めていたことから、台湾少年工たちと同じ敷地内で生活していたという。 「少年工たちは、冬は寒く、食事も満足にとれず、シラミに悩まされ、過酷な環境の中で働いていた」と当時の現状を語り、その中でも日本人の親切心に触れたこと、戦後、再び交流が始まったことなどが語られた。   講演の最後、「今は人生100年時代。みんなは日本に生まれ平和な時代に生きている。感謝をして、相手に優しい気持ちを持って人生を歩いてほしい」と話した。 生徒を代表し、1年生の女子生徒は「こういう辛い思いをして頑張ってくれた人たちがいて今の世界があると思います」と話し、また、2年生の男子生徒は「昔の時代と今の時代の違いを感じました。改めて今を大切に生きていこうと思いました」と話した。石川さんの貴重な話に、生徒たちは真剣に耳を傾けていた。

 

甘利明氏を囲む早春の集い

衆議院議員甘利明氏を囲む早春の集いが、10日(日)大和市保健福祉センターで開催された。 当日は大和市を中心に多くの来賓や支援者が参加。大木哲大和市長は、「甘利衆議院議員は大和の宝。日本は人口減少、超高齢化社会等、難しい問題が山積しています。日本を支える参謀として、これからも舵取りを宜しくお願いします」と祝辞を述べた。 甘利氏は、早春の集い開会にあたり、日頃の活動に関する感謝の意を述べるとともに、国際情勢の変化について、「デジタル化・データ化は、国民の利便性向上に繋がるが、国際社会では国の監視に使う動きもある」と課題を提起。「日本はデータ化・デジタル化の流れを、民主的活用に導くという重責を担っており、国際社会をリードして行かなければならない」と話した。 大和商工会議所宮東悠会頭による乾杯の後、会場は日頃の活動を労うなど、参加者の歓談で盛り上がった。

海老名・綾瀬・座間版

2週連続開催! さがみ野さくら祭り

*プログラムの内容は変更する場合があります。

 

今年もさがみ野北口駅前で、さがみ野さくら祭りが2週連続で開催されます。 日程は30日(土)・31日(日)と、4月6日(土)・7日(日)の計4日間。模擬店や青空市、ステージイベントなど、盛りだくさん。ステージの内容は歌やダンス、楽器演奏など約40団体が会場を盛り上げます。各日10時から16時まで。 満開に色づいた桜を眺めながら、にぎわうさがみ野の街を楽しみましょう。 〔主催〕みどりとさくらの街さがみ野、座間市商店会連合会 さがみ野・ひばりが丘ブロック。

 

箱根登山鉄道130年綾瀬に存在した線路 鉄道の歴史と魅力を学ぶ

 


4月14日(日)13時半から、綾瀬市立中央公民館で「箱根登山鉄道130年と東海道新幹線開業前の歴史」が開催されます。 鴨宮‐綾瀬間の東海道新幹線モデル線区、厚木基地への引き込み線、箱根登山鉄道の歴史、山岳鉄道など、鉄道の魅力が学べます。定員は先着20人。対象は市内在住・在勤・在学の中学生以上。電話、FAX、メールにて申し込み受付。〔問・申〕TEL0467(77)8181、中央公民館(火曜日、第3水曜日休館)。

 

空き時間を有効活用 福祉有償運送で社会貢献新たな仲間を募集中!

綾瀬市では、高齢者や体の不自由な人のために、車を使って外出をサポートする「移動サービス(福祉有償運送事業)」の制度や立ち上げについての説明会を実施します。 移動サービスを知りたい、事業を始めたい、外出支援が必要…など、興味がある人はぜひ参加してみては。 説明会は24日(日)、4月16日(火)、4月20日(土)の3回。都合の良い日を選んで参加してください。資料準備のため、要申し込み。〔問〕TEL090(6744)4433、おでかけ綾瀬、河村。

厚木版

リベルタ厚木版 休刊のお知らせ

リベルタ厚木版は、社員の退職と諸般の事情によりまして、今号より当分の間、休刊させていただくことになりました。毎号発行することができましたのは、ひとえに読者の皆様と広告をご出稿いただきましたクライアントの皆様のおかげでございます。リベルタ厚木版が早くに復活できますように、会社としては鋭意努力していく所存です。配布をしていただいた皆様には、その節はまたお願いしたいと存じます。 休刊になってしまいましたことに対し、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げるとともに、今後の皆様方のご健勝を心から念じております。
株式会社神奈川中央新聞社「リベルタ」代表取締役 小別所 ひで子厚木版編集長 松岡 大輔