神奈川県央エリアに28万5500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ

今週のリベルタ


全版

◆生活習慣病予防に期待!手軽にオメガ3健康オイルレシピ

しつこくないのにコクがあるエゴマ油とアマニ油。しょう油をプラスするだけで、おいしいドレッシングに!

 

血流を良くして高血圧や心疾患など生活習慣病の予防や改善につながると、効果が期待されている「オメガ3」。そのオメガ3が豊富に含まれているエゴマ油やアマニ油を手軽に摂取して、健康的なオイル生活を始めてみませんか?

 

 
オメガ3ってなんのこと?

 

最近、テレビの健康番組などでも「オメガ3」という言葉を耳にすることが増えてきました。オメガ3とは、油に含まれる脂肪酸の一種でアジやサバ、イワシ、マグロなどの青魚のほかエゴマ油、アマニ油に多く含まれています。

オメガ3脂肪酸にはコレステロール値を下げ、血中の中性脂肪を減らす作用があるため、血流を改善し高血圧や心疾患など生活習慣病の予防や改善につながるとされており、その効果に期待が寄せられています。

 

 

まずは1日に小さじ1杯を

 

厚生労働省の「平成26年国民健康・栄養調査」によれば、日本人1日あたりのコーン油や大豆油を主としたサラダ油などオメガ6の摂取量は8・61グラムなのに対し、オメガ3は1・82グラム(中央値)、比率は4・7対1となります。

しかし過剰摂取は逆効果なため、いろいろな種類の食べ物や油をバランス良く取り入れることが大切。食事の欧米化や青魚の不足が気になる人は、まずはオメガ6対オメガ3のバランスが4対1になるよう、1日小さじ1杯のエゴマ油アマニ油を食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

エゴマ油・アマニ油超お手軽レシピ

 

熱に弱いエゴマ油、アマニ油はかけるだけ・まぜるだけのレシピがおすすめです。しつこくないのにほのかなコクがあり、しょう油や塩と一緒にかけるだけで、おいしいサラダのドレッシングに大変身。かけるだけなら簡単なので続けられます。

エゴマ油、アマニ油は酸化に弱いので小瓶を購入し、開封したら1~2カ月で使い切るようにしましょう。*油はエゴマ油かアマニ油を使用してください

 

 

小さじ1杯をかけるだけ

 

◆卵かけごはん◆納豆◆牛乳◆おひたし◆冷奴◆みそ汁◆ヨーグルト◆スムージーetc

 

 

小さじ2杯+αをかけるだけ

 

カルパッチョにも合います

 

◆野菜サラダ…小さじ2杯の油に、お好みでしょう油か塩をかけます。

◆カルパッチョ…小さじ2杯の油に、お好みで塩コショウ、レモンをかけます。

 

 

簡単!ドレッシング

 

◆梅しそドレッシング…梅干し1個の種を取ってたたき、油小さじ2とお好みで青じその千切り、酢、砂糖、しょう油、ごまを加えて混ぜ合わせます。

◆すりおろしタマネギドレッシング…玉ねぎ小1/4個をすりおろし、油小さじ2とお好みで酢、砂糖、しょう油、塩、コショウを加え、混ぜ合わせます。

大和・相模原南部版

◆第7回まちゼミ開催中・まだ間に合う講座も!

毎回好評を博するレンドルフ南林間店

 

お店の人が講師となり、知識やコツを教える「やまと得する街のゼミナール」が開催中だ。

まちゼミは、各店舗などが会場となり少人数制で開催されるため、講師と受講者の距離が近いことが特徴。プロならではの専門知識や役立つ情報を受講料無料で知ることができる(講座によって材料費あり)。

7回目を迎えた今回は、ちまきの作り方を教える台湾料理屋「張輝」(21日開催)や、生活習慣チェックを行う健康&栄養教室ラポナル(23日開催)などが新たに参加。全30テーマがそろう。

2月末までの各講座を紹介した紙面は、大和商工会議所や市役所などで配布中。また、「レアリア イベント」で検索して閲覧も可能。

〔問〕TEL046(263)9112、同会議所。

 

 

◆おもちゃを捨てないで!修理&交換で再使用を



「おもちゃもったいないセンター&おもちゃの病院」が26日(日)の10時から15時まで、相模原市立環境情報センター(中央区富士見1―3―41)で開催されます。

壊れたおもちゃの修理のほか、使わなくなったおもちゃと会場にあるおもちゃをポイントに応じて交換できます。

希望者はおもちゃ持参で直接会場へ(火薬や玉を発射するもの、スポーツ用具、大型遊具は取扱い不可)。

〔問〕TEL042(769)9248、同センター。

 

 

◆安全・安心な街づくりを大和の自治体活動を紹介

 


活動を発表する

 

 

「第3回大和市自治会交流フェスタ」が18日(土)の13時から17時まで、やまと芸術文化ホールで開催されます。

各自治体が行っている活動事例の発表のほか、東京都立川市の大山自治会前会長・佐藤良子さんによる講演会も実施。

また、サクソフォーンアンサンブルのミニコンサートや賞品が当たる大抽選会も行われます。

〔問〕TEL046(260)5130、同フェスタ実行委員会事務局。

 

海老名・綾瀬・座間版

◆幸せ脳になるには?茂木健一郎さん講演会

多方面で活躍中の茂木健一郎さん

 

綾瀬市商工会青年部は、創立50周年の記念講演に脳科学者の茂木健一郎さんを迎え、「幸せ脳の作り方」をテーマにした講演会を開催します。

茂木さんは脳科学、認知科学が専門で、東京大学大学院を終了後、脳と心の関係を研究するとともに、テレビ番組のキャスターを始め、ラジオパーソナリティとしても活躍しています。

この講演では、職業や年齢に関わらず、ちょっとの考え方で幸せになり、成功できる脳の話を聞くことができます。

〔日時〕3月3日(金)17時~18時半(開場16時半)〔会場〕綾瀬市オーエンス文化会館(綾瀬市深谷3838)

〔入場料〕1500円、学生・18歳未満1000円(先着1000人・自由席。3月2日(木)までに、電話もしくはFAXで申込み。

〔問〕TEL0467(78)0606、綾瀬市商工会。

 

 

 

◆相武台ではしご酒第4回相武台前ちょい呑み来週開催

 

 

鏑木重治実行委員長

 
22日(水)・23日(木)に、相武台前駅周辺の35店舗が参加する「第4回相武台前ちょい呑みフェスティバル」が開催されます。主催は座間市商工会青年部。

ちょい呑みフェスティバルは、3枚つづりで2500円のチケットを購入し、ちょい呑みメニューとドリンクを楽しめる「はしご酒」イベント。実行委員長の鏑木重治さんは「飲食店から地域を盛り上げていきたい。寒い時期ですが、ぜひこの2日間でお気に入りの店を見つけてください」と話します。

詳細はフェイスブックで随時更新中。「相武台前ちょい呑み」で検索を〔問〕TEL046(251)1040、同会青年部。

 

 

 

◆あなたの1票受付中!海老名の名店・名産品

 
海老名市内で営業する18の店舗と、加工・製造される12の商品の候補(自薦)から、海老名の「名店・名産品」を選ぶ投票が行われています。

候補は海老名市のホームページ「えびな名店・名産品選定のための一般投票」で公開中です。

投票は誰でも1人1回。名店・名産品各部門からそれぞれ1つの番号を選んで、①電子投票②はがき③FAX④市役所に設置されている投票箱に投票を。投票期間は28日(火)まで。抽選で3000円相当の名産品がプレゼントされます。

〔問〕TEL046(235)8439、海老名市商工課にぎわい振興係。

 

瀬谷・泉区版

【厚木版】 厚木のお肉おいしいね!市内産の豚肉が給食に

厚木の豚肉に、「おいしいね!」と笑顔

 

丹精込めて育てた豚肉を贈呈

 

 

飯山で養豚業を営む有限会社臼井農産が3日、厚木市に豚肉36㎏を贈呈しました。

市役所で行われた贈呈式には、同社代表の臼井欽一さんと母のスミ子さん、スタッフの小泉成次さんが参加。小林常良市長とあゆコロちゃんに目録を手渡しました。「臼井さんの豚肉は市民の大切なタンパク源。これからも市内外のみなさんに栄養の源を届けてほしい」と小林市長。

あゆコロちゃんの誕生日祝いにと、市制記念日に厚木市へ豚肉を贈り始めて4年目。臼井さんは、「厚木のおいしいお肉を食べて、命をいただいていることを知ってもらいたい」と話します。

贈られた豚肉は、9日に市内5カ所の保育所の給食で提供されました。同社のそばにある小鮎保育所では、3歳児クラスにあゆコロちゃんがトンカツをプレゼント。園児たちは、「サクサクでおいしい!」と笑顔で完食。所長の後藤絵里さんは、「食べ物に感謝することは常に子どもたちに伝えている。臼井さんのところにはよく見学に行くので、生産者とともに地産地消の連携ができることがありがたい」と話していました。

 

 

◆おめでとう! あゆコロちゃんご当地キャラ大集合

 

 

人気キャラがあゆコロちゃんをお祝い

2月1日に誕生日を迎えた厚木市のマスコットキャラクター「あゆコロちゃん」のお誕生日おめでとうセレモニーが4日と5日、アミューあつぎで開催されました。厚木市とアミューあつぎ運営協議会が主催。

4日のセレモニーには、さのまる、ふっかちゃん、えび~にゃなど「ゆる党」の仲間たちをはじめ、市民ら約500人が集合。バースデーソングの合唱でお祝いされると、あゆコロちゃんは飛び跳ねたり大きく手を振ったりして喜んでいました。5日は、みくちゃん、チーバくん、しっぺいなど県外のキャラクターが祝福に駆けつけました。

会場では、各キャラクターのグッズ販売やフォトセッション、ワークショップも実施。お気に入りのキャラクターと触れ合えた来場者たちは笑顔で楽しんでいました。

また、期間中アミューあつぎ内の店舗を利用した人にはセレモニー限定デザインの缶バッジがプレゼントされるなど、館内全体が祝福ムードに包まれました。

 

 

◆いじめ・非行防止のため中高生が取組みを発表


 

劇を披露した厚木中学の演劇部

 

4日、文化会館で「かながわ子どもスマイルウェーブ地域フォーラム」が開催されました。

市内の中高生が、いじめや非行防止のために取り組んでいる活動の発表会。厚木高校や厚木西高校の生徒が、ネットで知り合うことの危険性などの調査結果を発表したほか、9月に実施した「心と街のクリーン作戦」について実行委員が報告。1989年から続いているクリーン作戦は、本厚木駅周辺でゴミ拾いをする美化活動と合わせ、喫煙や飲酒、薬物乱用防止のための啓発活動も行っています。「同じ目標に向かって活動することが良い経験になった」と参加したメンバー。

また、厚木中学校演劇部が「赤ずきんは困っています」と題した劇を披露。SNSでのグループ外しや言葉だけでのやりとりで起こるトラブルを元にしたストーリーで、スマートフォンを使う際に注意すべきことを紹介しました。