神奈川県大和市・相模原市・海老名市・座間市・綾瀬市・厚木市に22万500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー。チラシ配布も承ります

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • キャロットバックナンバー
  • リベレター
  • イベント情報
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ

今週のリベルタ


全版

おうちでカフェ気分~紅茶編~

見た目が華やかで、ほんのり甘く飲みやすいフルーツティーは、おもてなしにも喜ばれます

温かい飲み物が恋しくなる季節。おいしい紅茶を入れてゆったりした時間を過ごしませんか?


基本の入れ方~紅茶編~

①やかんにくみたての水を入れ、大きな泡がいくつか出るまで沸かす。

②ポットとカップをお湯で温める。

③ティースプーン1杯(3g程度)で1人分とし、人数分の茶葉をポットに入れる。大きな茶葉は山盛りに、細かい茶葉はやや少なめにする。

④沸かしたてのお湯を人数分ポットに入れ、すぐにふたをし、3分ほど蒸らす(カップ1杯はおよそ150㏄)。

⑤ポットの中を、スプーンで円を描く程度に1~2回軽く混ぜてから、茶葉をこしながらカップに注ぐ。

 

 

おすすめ紅茶レシピ①


【フルーツティー】

お好みのフルーツで華やかな紅茶を。ポットが2つ必要になるので、フルーツを入れないポットは急須で代用することもできます。

〔材料〕(2杯分)

◆茶葉…ティースプーン2杯◆お湯…300cc◆砂糖…少々(お好みで)◆フルーツ…適宜(写真はリンゴ1/8個、キウイ1/2個、オレンジ1/2個、ブドウ6個)

〔作り方〕

①写真のようにフルーツを薄切りにする。ティーポットとカップをすべて温めておく。

②茶葉をティーポット(急須)に入れ、沸かしたてのお湯を注いで3分蒸らす。

③お好みで②に砂糖を入れ、軽く混ぜる。

④もうひとつのポットにフルーツを入れ、そこに③の紅茶を注ぐ。あればポットカバーなどで保温して数分おき、味がなじんだら完成。 余ったフルーツはカップに入れてもかわいらしくなります。  * * * * ティーバッグなら、お湯300ccに対してティーバッグ2つが目安。

 

おすすめ紅茶レシピ②


【チャイ】

スパイスとミルクたっぷりのチャイは、優しい味

 

スパイスの香りいっぱいのミルクティー。たっぷりの茶葉で作るとさらにおいしくなります。〔材料〕(3杯分)◆茶葉…ティースプーン山盛り3~4杯◆水…1カップ◆牛乳…1・5カップ◆砂糖…大さじ2◆ショウガ(スライス)…2~3枚◆シナモンスティック…1/2本~1本☆お好みでカルダモン、黒コショウ、クローブなどを入れても。

〔作り方〕

①ショウガをスライスする。シナモンなど割れるスパイスは手で軽く砕く。

②鍋に茶葉とスパイス、水を入れて中火で沸かし、沸騰したら弱火にする。

③②から2分ほど経ったら一度鍋をゆする。茶葉とスパイスの香りがしっかり出たら、牛乳と砂糖を加えて3~4分温め、沸騰直前に火を止める。

④茶こしでこしながらカップに注ぐ。 お好みで、牛乳を豆乳に変えたり、砂糖をはちみつに変えたりと、アレンジを楽しんで。  * * * * ティーバッグで作るときは、水1カップに対してティーバッグ4つくらい。紙のタグは外します。

 

ティーバッグのおいしい入れ方


ひと手間でさらにおいしく

ポットがないときや、1杯分だけ入れたいときに便利な、ティーバッグで紅茶を入れるときのコツをご紹介します。

①ティーカップを温める。

②①のカップにティーバッグをセットし、沸かしたてのお湯を注ぐ。

③カップにソーサーでふたをして蒸らす。ソーサーがない場合はラップをかける。

④1分経ったら、ティーバッグを軽く揺すって取り出す。



大和・相模原南部版

佐野由騎さん 頂点に! 全日本サーフィン選手権大会

シニア部門(35~44歳)で優勝


市長に報告する佐野さん(右から4人目)

 

大和市在住の佐野由騎さん(35)が5日、8月の第53回全日本サーフィン選手権大会シニア部門での初優勝を大和市長に報告した。 佐野さんは、県立大和東高等学校出身で、サーフィン歴は24年。今大会で佐野さんはシニア部門(35~44歳)で総勢2400人が参加する予選大会を突破し、240人が出場した本選で6つのラウンドを勝ち上がりファイナルラウンドに進出。ファイナルラウンドでも最も優れた成績を収め、頂点に立った。 この日、報告に訪れたのは佐野さん、古井淳さん(日本サーフィン連盟 神奈川県地区相模原支部支部長)、佐野さん親族など。佐野さんは「昨年は3回戦敗退で悔しい思いをしました。今年は3回戦で昨年の壁を越えられるか非常に緊張しました。4回戦以降もぎりぎりの戦いでしたが、決勝戦では開始10分で良い波に乗れて、優勝できるのではと実感しました。」試合後は娘を抱き上げて喜びを噛み締めました」と話していました。優勝報告を受けた大木市長は「怖さを感じる波に向かってチャレンジし、さらに頂点に立ったことは素晴らしい。これからも応援していきます」と称賛した。

 

地域医療を支え、38年


中央林間病院 院長 木山智さん

中央林間病院は、大和市の中核病院として昭和55年に先代木山保院長が設立、現院長の木山智医師は平成19年に2代目として引継ぎ、すでに11年になる。 消化器系と胃腸系の2本柱が充実しており、病床は109。何と言っても24時間体制の救急医療では年間2000人近くを受け入れており、市内の救急病院が減少している中、重要な役割を担っていると言える。 人生100年時代を迎え、さらに力を注ぐのは高齢化対策。健康寿命を延ばしていくためには積極的に健診や訪問診療を行い、合わせて老人施設などとの連携も欠かせない。誰もが望む自宅での看取りに関しても今後ますます増えていくことが予想されるため病院内の体制作りは待ったなしである。 また、「患者は来てもらえるものという考え方から、病院から地域へ出向いていくべき」と数年前から、地域の要請にも応えるようにさまざまな地域活動を続けている。その一つが女子サッカー「大和シルフィード」の応援。RUN伴+やまとの支援、ほかにも中央林間手作りマルシェ、交流会などへ積極的に参加をしている。 趣味はサイクリング。伊豆や三浦半島までは走る。爽快感が疲れた頭と体を癒してくれるという。 医師としてのやりがいは「患者さんを助けてあげられることと、自らの手術などの技が上達できることですね」と語る木山院長であった。

 

世界の料理を味わおう やまと世界料理の屋台村


過去最多の16店舗が出店

28日(日)10時~15時に大和駅東側プロムナードで、やまと世界料理の屋台村が開催。 ブラジル、スリランカ、タイ料理など16店舗の屋台で、世界の料理を味わうことができる催し。ビッグバンドによるジャズ演奏やペルーのマリネラ、フラダンスなどのステージ、韓国光明(クァンミョン)市に関する特設ブースも。 〔問〕TEL046(260)5164、大和市役所国際・男女共同参画課。

 

海老名・綾瀬・座間版

みんなで楽しもう! 感動と興奮のGOSPEL

迫力あるゴスペルサウンド

11月3日(土)10時から12時まで(9時半開場)海老名市文化会館で「GOSPEL~文化スポーツ賞祝賀コンサート2018~」が開催されます。 同コンサートは文化やスポーツで功績を収めた市民を祝うことを目的として実施。 映画「グレイテスト・ショーマン」の主題歌「This Is Me」や誰もが知る日本語の曲なども織り交ぜての演奏を披露。贈呈式では大賞受賞者へのインタビューや実演披露も。当日は席からの立ちあがり、手拍子、一緒に歌って楽しむこともできます。 全席自由。入場料500円。先着800人。入場券は海老名市役所文化スポーツ課窓口で販売。 〔問〕TEL046(235)4797、同課。

 

鑑賞者募集! 在日米陸軍軍楽隊クリスマスコンサート

 


座間市は12月14日(金)と15日(土)、19時から20時半までハーモニーホール座間で開催される「在日米陸軍軍楽隊クリスマスコンサート」の鑑賞者を募集中です。 在日米陸軍軍楽隊は、キャンプ座間に駐留し、友好促進のために活動。同隊の多彩でダイナミックな演奏を楽しめます。 参加費無料。郵便往復はがき裏面に郵便番号、住所、名前、電話番号、希望日、希望人数(2人まで)を、表面に郵便番号、住所、名前を明記し申し込み。31日(水)必着。応募者多数の場合は抽選。抽選結果は12月3日(月)までに送付。 〔問〕TEL046(252)8035、座間市役所渉外課。

 

おいしさ発見! 地域の食材で試食会♪

19日(金)11時から12時まで保健福祉プラザ(綾瀬市深谷中4―7―10)で「あやせの卵とレタス料理の試食会」が開催されます。 綾瀬市でとれる農畜産物を知り、地域の食材を活かした料理を楽しく味わう食育の推進を目的として実施。おいしく楽しく綾瀬の地産地消と健康づくりを学べ、「あやモコ丼」などの創作料理も。 材料・資料代200円。対象は市内在住・在勤の人。定員は40人。申し込みは健康づくり推進課へ電話で。 〔問・申〕TEL0467(77)1133、同課。

厚木版

リベルタ厚木版 休刊のお知らせ

リベルタ厚木版は、社員の退職と諸般の事情によりまして、今号より当分の間、休刊させていただくことになりました。毎号発行することができましたのは、ひとえに読者の皆様と広告をご出稿いただきましたクライアントの皆様のおかげでございます。リベルタ厚木版が早くに復活できますように、会社としては鋭意努力していく所存です。配布をしていただいた皆様には、その節はまたお願いしたいと存じます。 休刊になってしまいましたことに対し、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げるとともに、今後の皆様方のご健勝を心から念じております。
株式会社神奈川中央新聞社「リベルタ」代表取締役 小別所 ひで子厚木版編集長 松岡 大輔