神奈川県央エリアに28万5500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ
リベレタートップ

リベレター第84号

リベルタからのワクワク♪業績アップ術84

PDFはこちらから→リベルタからのワクワク♪業績アップ術84

笑いに包まれた「マナー講座」
■ リベルタ・ポストイン・サービス/チーフ 瀬能 淳一

5月から7月まで4回にわたり、リベルタ主催の文化講座「江戸しぐさから学ぶマナーの心得」を開講しました。江戸時代の商人文化から生まれ、日常生活への心配りや隣人への気遣いとして伝承されてきた「江戸しぐさ」。関連する出版物や特集も多く、狭い道ですれ違う時の「傘かしげ」など、現代のマナーとしても知っておきたい所作がたくさんあります。講座では、江戸しぐさの基本を知り、思いやりのあるお付き合いマナーを実践しながら学びました。講師の青木まき子さんは、NPO法人江戸しぐさ認定伝承普及員として活躍中で、そのユーモアあふれる話に、笑いながらメモを取る参加者の姿が印象的でした。最終回は風呂敷を使ったラッピング術。包みにくいビンやおしゃれな本の包み方、四隅を結んで作る帽子など、新しい発想に参加者からは驚きの声が。実技を交えた3時間が足りないほど好評でした。「昔の人の豊かな生活の知恵が素晴らしい」「マナーには理由があることを知り、生活に取り入れたい」「こうした講座をまた開いてほしい」といった感想が寄せられ、今後も読者の関心が高い内容での講座を検討しています。

商店街を思う気持ち
■ 瀬谷・泉区版/営業編集記者 五十嵐 千尋

初めまして。4月に入社した山形県出身、五十嵐千尋です。まだまだ県央地域についてはビギナーですが、どんどん街のことを学んでいこうと思います。私は実家が商店で、商店街は子どものころから身近なものでした。その中で、街の人々が商店街活性化のために、活動している姿を目にしてきました。夜限定のセールや出店、フリーマーケットを行う「ナイトバザール」という催しや、生のお囃子バンドに合わせて踊る「おいやさ祭り」など、商店街を盛り上げるイベントを行っており、私も中学生のころから手伝いをしていました。そして現在、仕事で商店街を回っていると、イベントやお祭りを盛り上げていこうとする街の人の姿を目にします。それは私の故郷の人々の姿と重なり、「自分の住む街を良くして行こう」という思いはどこも変わらないと感じました。町おこしのパワーは様々な業種、年代の人が集まったもの。私もリベルタを通して街の一員となり、地域を元気にするお手伝いをしていきます。

それ、通じてる?
■ メールマガジン編集部/山形 幸英

「旗日(はたび)ってなんですか?」20代の友人に聞かれました。「旗日」はもちろん、国民の祝日のこと。祝日に玄関先に日の丸を揚げている家をいつの間にか見かけなくなりました。若い世代には祝日=日の丸と結びつかないようです。さて、・チャック ・流し・とっくり ・つっかけ・スパッツ通じていないことにも気づかずに、通じない言葉を使っていませんか?