神奈川県央エリアに28万5500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ
リベレタートップ

リベレター第58号

リベルタからのワクワク♪業績アップ術58

PDFはこちらから→リベルタからのワクワク♪業績アップ術58

本当に必要なものを聞き出せるか
瀬谷・泉区版 営業記者/渡辺真理

広告は読者に受け入れられると思った内容でも、反響が弱いときがあります。読者が広告に求めるのは、自分の興味・関心に会う内容で、そこにお得感があるかが一番のポイントのようです。さらに健康志向や社会現象としてのブームなどの補足があればより心を動かされるはずです。 私たちが広告を作るときでもそうですが、お店でもお客様が本当に必要なものをきちんと聞き出せているところは繁盛しています。例えば、飲食店さんならメニュー構成やお店の居心地、そして金額でしょうか。 昨年の男性サラリーマンの昼食代は平均510円。お小遣いも月に4万円以下。また昼食にかける時間も20分を切るなど、金額も時間も厳しい様子がわかりま す。短時間でランチを済ませたい人に料理をすぐに出せば、その人にとってはとてもありがたいし、ゆったりと食べたい人には落ち着いた雰囲気作りも重要で す。 お客様を「集める」よりも「集まる」仕掛けをするお店は元気です。

商品価値を対面で聞き購買意欲アップ!?
瀬谷・泉区版 営業記者/瀬能淳一

担当している美容室は、女性オーナーひとりがきめ細かい対応をしています。大きい美容室や男性美容師が苦手な女性客が多いですが、週末は男性客も増 加。シャンプーやトリートメントなど店頭で販売している商品のことを聞かれ、デメリットも含めて説明すると、ほとんどの男性客は購入するそうです。 その オーナーに、最近宣伝されている、頭皮マッサージ用ブラシの効果を聞いてみました。「使うと気持ち良いから、ついゴシゴシと上下左右にこすってしまいが ち。毛根が傷つくと、体の防御反応から皮脂の分泌が増えて、逆効果になることもあるんですよ」。こうした留意点は説明書に書いてあったとしても、直接聞く と説得力が増します。シャンプーの説明を聞いて購入を決めた男性客の気持ちがよくわかりました商店街の魚屋さんから「今日は○○○が新鮮だよ。ショウガを たっぷり入れて煮つけにすると美味しいよ」と調理法のアドバイスまで言われると、同じ魚でもスーパーのパック品より購買意欲がわきます。店頭に行かなくて もネット販売で買える便利な時代ですが、活気あふれる商店街のためには、対面販売の上手な個店が増えてほしいと思います。

日焼け止めで七難隠せ!?
メールマガジン編集部/山形幸英

いつまでも若く、美しくは女性の抗えない願望。美しくいるために、夏の必須アイテムは日焼け止め。市場を賑わす日焼け止めに見る「SPF」の表示は 肌の表面を赤くする紫外線B波を防ぐもの。「PA」は皮膚の奥まで届く紫外線A波を防ぐもので、このPAのランクがさらにグレードアップされ「++++ (フォープラス)」なるものが登場しました。2003年に200億円だった美容関連市場(その約9割が日焼け止め)は2011年には287億円に拡大して います。海や屋外のみならず、車の運転中や、部屋の中にいても日焼けをすると言われては、日焼け止めを塗らずにはいられないのが女の性(?)です。紫外線 の影響はシミやシワ、さらには皮膚がんにまで及ぶと言われているのですから。 ほんの20数年前、夏の知らせのコマーシャルは小麦色に焼けた女性の肌でした。しかし、今や水着でのポスターも見かけなくなり、「焼かない白い肌」が常識となっています。サンサンと降り注ぐ太陽の光が有害なんて、やっぱりちょっと寂しいのですが…。

58 / 58« 先頭...102030...5455565758