神奈川県央エリアに28万5500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ
リベレタートップ

リベルタからのワクワク♪業績アップ術「リベレター」110

リベルタからのワクワク♪業績アップ術「リベレター」110

リベルタからのワクワク♪業績アップ術「リベレター」110 PDFはこちらから!

地域の人を動かす会社に
瀬谷・泉区版      編集長  田中 花

私たちの会社は、「地域の人を動かすこと」が仕事の「目的」。リベルタの発行は、あくまでそのための「手段」です。だから、地域の人を動かせるなら紙面でなくても良いのです。 ということで、シルバーウィークのど真ん中、敬老の日に、大和市生涯学習センターで「前田憲男&伊東ゆかりスペシャルコンサート」を開催しました。600席のホールは、おかげさまで満席! 不慣れな故、不手際も多々あったかと思いますが、往年の大スターによる演奏と歌声は圧巻でした。 閉演後、1組のお客様と話をしました。若年性のアルツハイマー病を患う奥さまを連れた旦那さまと娘さん。奥さまは現在表情も動かせない状態だそうですが、懐かしい楽曲を聴いて(というより、体で感じて、かもしれません)、大きな声で笑ったり、目が輝いたりしたそうです。 「車イスだから遠くへは行けない。近くでこういった公演をしてくれて本当に良かった」と言って頂きました。この言葉だけで、「やってよかった」と思います。 私たちは、リベルタという自社媒体を持っているから十分な告知ができる、という強みがあります。そして、もともと持っている手段(強み)を最大限に生かしながら、新たな手段を組み合せることで「人を動かす。そのために人の心を動かす」という目的がもっと果たせるようになります。 ひとりでも多くの人に「本当に良かった」と思ってもらえるよう、自社のいろいろな可能性を探していきたいと思います。

便乗する勇気
大和・相模原南部版   編集長 田島 秀作

国の緊急経済対策により全国各地の自治体で「プレミアム商品券」「プレミアム旅行券」などの金券を発行・販売しています。 私もある「プレミアム商品券」を夏の暑い日に3時間も汗をかきながら並んで購入しました。利用できる店舗一覧を見ながら、どこで使おうか楽しんでいるうちは良いのですが、いざ使うとなった時にはお金(金券)の意識が遠くに薄れてしまっています。大盤振舞できるほど、気持ちが大きくなっているのです。 とあるショッピングモールでの買い物。あちらこちらで、「商品券取扱」のポスターやのぼりがお客を呼び込みます。また、同時にバーゲンセールやタイムセールを行って、安さをアピール。購買意欲をかりたてます。仕舞には、「商品券を利用した方には・・・」という謳い文句で特典がつくとなると、必要のないものまでどんどん買ってしまう始末。 買い物客が私の様に浅はかな人ばかりではなくても、どんどん使ってもらうように、便乗に便乗を重ねるくらいの仕掛けは必要だと思います。 一過性にするのも、ファンを作るのも、チャンスを活かすかどうかにかかっています。使ってもらえれば、それだけでお店のPR になります。  限られた枚数の金券。使うも使われるも、チャンスがある方は、便乗してみてはいかがでしょうか。

秋には白い食材
メールマガジン編集    山形 幸英

急に気温が下がったからなのか、社内でも体調を崩しているスタッフの多いこと。なかでも咳をしている人が多いのが気になりました。 調べてみると、夏の疲れの取れないまま、喉の乾燥から風邪をひくというケースが多いようです。 薬膳や漢方の考えでは、乾燥した空気は肺の動きを弱め体調不良につながりますが、「白い食材」が体を潤し、体調を整えるとしています。梨、杏仁、白ごま、きのこ、白きくらげ、ゆり根、にんにく、豚肉、大根、れんこん…。 食事のときは白い食材を意識したメニューを増やしてはいかがでしょう?