神奈川県央エリアに28万5500部ポスティング配布している地域密着型フリーペーパー

  • トップページ
  • リベルタとは
  • ポスティング
  • チラシ制作
  • スタッフ紹介
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • 今週のリベルタ
  • リベルタバックナンバー
  • レシピ
  • いきいき人
  • リベレター
  • イベント情報
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 配布員募集
  • お問合わせ
  • LNAVI
  • リベルタフレンズの皆様へ
お客様の声
クライアントと営業マン。リベルタの営業スタッフは、そんな関係から一歩踏み込んで、夢に向かってともに歩んでいくパートナーを目指しています。どうしたらもっと愛されるお店になれるか?どうしたらこの街がもっと元気になるか? 地域や業界の未来も一緒に考える、お客様の声をご紹介します。

㈱プゥル・ヴー 代表取締役 今泉直人さん

ユーザー様
●株式会社プゥル・ヴー
 「クリーニングハウス ハイジ」
 代表取締役 今泉 直人さん
●担当スタッフ
 田中 花編集長
●リベルタとのお付き合い
 7年目
「クリーニングハウスハイジ」を経営する㈱プゥル・ヴーの代表取締役・今泉直人さんとリベルタ編集長・田中花は、田中が前職の頃から担当し、6年の付き合い。そんな2人の会話は終始笑顔が絶えず、テンポ良く進みます。

今泉さんはサラリーマンを経験したあと、父親のクリーニング店を継ぎました。「会社員の時なら営業は営業だけ、経理は経理だけやっていれば良かったけれど、お店では一人で何役も背負う。それ以外にも、業界や地域・商店の衰えを実感して…。その対策として、うちの店の広報担当になってくれるような営業マンが来たらいいと思っていました」。

今泉さん曰く、担当し始めたころの田中は、「そんなにやる気もなく(笑)、普通の営業マン」。しかし、リベルタに入って再び担当になってからは、「すごく変わって、良い営業マンになったな、と。売り方や経営のアドバイスをたくさんしてくれるようになりました」と話します。田中はその当時を、「その頃は上司が辞めて仕事量がすごく増えた時期で、その山を越えて変わりましたね」と振り返ります。セミナーなどに積極的に参加して勉強するようになったのもこの頃から。「勉強するときには、『この知識(情報)は今泉さんのお店なら、こう使える』と考えながら吸収します。そして、お会いした時に伝えられるように用意しています」。

そんな2人の会話は、ほとんどが経営のことやスタッフ教育のこと、地域のことばかりで、想像していたような普通の営業トークはほとんどなし。打合せは、「今回はこんなキャンペーンだから」「わかりました」とほんのわずかで終わり。「うちのことは良くわかってくれているので、いつも脱線した話ばかりになるよね」と今泉さん。田中も「スタッフの指導をどうしたらいいかとか、いつも悩みを聞いてもらっています」と笑います。

「地域と業界を活性化させるために―」。今泉さんと田中の、そして㈱プゥル・ヴーとリベルタの、ほかとは違う歩みかた。

ヘアライフカンパニー 代表取締役 天海健雄さん

ユーザー様
●毛髪回復センター
 「ヘアライフカンパニー」
 代表取締役
 天海(てんかい) 健雄さん
●担当スタッフ 瀬能 淳一
●リベルタとのお付き合い
 20年以上
毛髪回復センター「ヘアライフ」代表取締役の天海健雄さん(以下:天海さん)は、リベルタと長くお付き合いが続いています。リベルタスタッフとして、瀬能淳一(以下:瀬能)が担当して約9年。記事型広告の打合せ時には、プライベートな話題も含めて話が弾みます。

  20年以上にわたって、ほとんど毎月、リベルタを利用されている天海さん。これまでリベルタが発行エリアを拡大する度に新しいエリアにも掲載を続けて頂きました。「最初の頃は半ページ位に大きく出したこともあって、掲載後すぐに反響があったね」。現在は、記事型広告のスタイルが定着して3エリアに掲載中。地域に密着した毛髪研究専門サロンとしての情報と、利用者の声を織り込むようにしています。

天海さん曰く「主なターゲットは女性です。他の媒体も利用していますが、相談者に読みたい媒体を聞くと、『リベルタ』という声が圧倒的」。「以前、女性担当者でないと務まらないと聞きましたが、男性の私が担当してもう9年、記録更新中ですね」と瀬能が話すと、「髪を気にするのはおしゃれな女性で、その気持ちが分からないと効果的な原稿にならないんだよね。瀬能さんはその辺をうまく表現してくれるから安心して任せられるのです」。「ありがたいお言葉です。実は、家族や女性社員の話を聞くなど、女性の思いを少しでも理解すべく、涙ぐましい努力を続けているのです(笑)」。

ところで、天海さんは大変勉強家で、生活習慣病予防指導士としての最新知識がとても豊富。血流や細胞を活性化して、自己免疫力を高める生活習慣の話は、原稿の素材としてだけでなく、瀬能自身の不規則な生活を見直すきっかけ(?)にもなっています。いわば打合せは貴重なカウンセリング。最後に、天海さんからうれしい一言を頂きました。「リベルタさんとは一心同体。継続して掲載することに意味があるから、これからも掲載し続けていきますよ」。