2018年11月15日号

 日常生活でなにか刺激が欲しい、単調な毎日に自問自答してみる。漠然とした思いから「武道」をはじめて3年の月日が経過した▼もっと精神を鍛えたい、弱い自分から脱却したい、という想いから一念発起してはじめてみた。人としての生き方を一生かけて鍛錬するのが「道」。稽古を重ねる度に奥の深さを感じる▼自分の感情・欲求を押して忍び、周りがどうしたいのかをまず考える。それを社会生活の中で活かし、自分のことだけを考えるのではなく他人を常に思いやる心を持つ。それが師に教わっている武道の精神▼「道」に通じる日本の精神性の追求はどれも変わらない。一生かけて追求していく人生のテーマである。       (坪)