大和に「千の風」吹く

15日に
やまと芸術文化ホールで
リベルタコンサート
「秋川雅史 AMORE~アモーレ~」
を開催しました

今回のコンサートは
おかげさまで満席御礼!

11月にできたばかりの
新しいホールに
お客様がぎっしり入っているのは壮観でした

ご来場いただいたみなさま
ありがとうございました!

小島さやかさんが奏でるピアノの旋律に合わせ
イタリアのラブソングは情熱的に
「長い夜」や「雪国」などのおなじみの曲は
声楽家ならではのアレンジで と
「秋川ワールド」で魅了

代名詞ともいえる「千の風になって」は
大和市の聖セシリア女子中学校・高等学校
コーラスフォーラムと共演


生徒たちの清らかな歌声と
秋川さんの力強い歌声のハーモニーに
思わず涙する人も

(ここだけの話
 デザイナーのIチーフは
 リハーサルから泣いていました)

そして
アンコールの「翼をください」は、まさに圧巻!
全身全霊で奏でる歌声に
拍手が鳴りやみませんでした


歌い終わって笑顔の秋川さん
舞台から去る最後の最後まで
お客様の声援に応える姿も
多くの人を惹きつける理由ですね

リベルタでは今後も
「この人の音楽が大和で聴けるの?!」と
喜んで頂けるような
コンサートを開催していきます

チケットの発売日などは
決まり次第
随時リベルタ紙面で告知します

ぜひ
新しいホールで素晴らしい音楽を楽しんでくださいね!

今年もよろしくおねがいします

あけましておめでとうございます!

2017年の私は軽い胃腸炎から
はじまりました・・・

年女だというのに
先が思いやられるスタートです
(24歳か36歳か48歳かは
 ご想像にお任せします 笑)

さてさて
昨年は9月に厚木版に異動になり
12月までの4カ月は
これまで以上にバタバタの日々でした

おかげで2016年前半の記憶が
あまり残っていません・・・

エリアが変わると想像以上に
いろいろと勝手が変わるもので
いまだに道にも迷う始末ですが
やはり新しい出会いは楽しいものです

特に厚木は
キャラが濃い(?)人たちが
一段と多いような・・・
取材のし甲斐がありそうな手ごたえを
ひしひしと感じております

「こんな面白いイベントがあるよ!」
「ちょっと変わってるあの人を取材して!」
など
みなさまからの情報提供もお待ちしていますので
ぜひぜひご連絡ください!

昨日からは
2017年最初の紙面
新年号の配布も始まりました

厚木版では地域の女性を応援する企画を
ど~んと見開きで掲載しています
他の版も
いつもよりボリュームのある紙面ですので
じっくりゆっくり読んでみてくださいね!

今年もいつも通りに
ちょっと楽しい&ちょっと役に立つ紙面を
お届けするべく走り回ります!

みなさま
どうぞよろしくおねがいします!

マルシェとAMF

昨日27日は
各地でイベントが開催されました

私はといえば
半年に一度の早起きで
恒例の中央林間手づくりマルシェの
お手伝いへ

数日前から天気予報をチェックしては
「12回目にして
 初の雨天延期か?!」
とソワソワしていましたが
今回も「マルシェの奇跡」が!

最後は雨に降られてしまいましたが
午前中には晴れ間ものぞいていました

かわいい手づくり作品に
ついつい買いすぎた!
という方も多いのでは??







マルシェのHPには
たくさんの写真が掲載されていますので
ぜひぜひご覧ください!

そして私はマルシェを途中で抜け出し
AMFへ

AMFとは
「あつぎミュージックフェスティバル」!
今年3回目を迎える音楽イベントです

今年の出演者は
クリスタル・ケイさんに
加藤ミリヤさんに
AK-69さん

そして
厚木在住でリベルタ厚木版では
コラムを書いてくれている
SALUさんや
厚木出身の
NakamuraEmiさんなど

厚木にこんな豪華メンバーが?!
という顔ぶれ

もちろん会場は満席!
10代の若い子たちも多く
ものすごい熱気でした

事前に行われたオーディションで優勝した
高森峻さんも出演
SALUさんが作詞した「紙飛行機」
すごく良かったです!

みなさん
これから要注目ですよ!!

AMFの模様などは
12月15日号の厚木版で紹介する予定です
リベルタでしか読めない特別企画もありますので
お楽しみに~!

写真は
開場の瞬間を撮影している
タカシくん

画像粗くなっちゃったら
怪しさ倍増ですね・・・

街のあちこちでスゴ技!

昨日とおととい
本厚木駅周辺では
「にぎわい爆発! あつぎ国際大道芸」
が開催されました

すっかり「厚木の秋の風物詩」となった
このイベント

私は初めて見に行きましたが
想像以上に楽しかった!

駅前広場や公園をはじめ
商店街の中やデパートの前など
街の中のいろいろなところで
始まるパフォーマンス

観客に手伝わせたり
ひとしきりいじってみたり
ときには客席に乱入(?)したりしながら
笑いあり
歓声あり
感動ありの
ステージが繰り広げられました

子どもの思いがけない行動や
観客のツッコミも
すかさず笑いに変えていく反射神経は
本当にスゴイ!

カメラを向けていると
たまにカメラ目線でポーズを決めてくれることも

一部だけですが
写真でご紹介しますので
行けなかった方はぜひご覧ください!

[gallery]

南翔新聞2016

昨年につづき
製作のお手伝いをした
大和南高校の学校新聞
「南翔新聞」の2016年版が完成しました!

企画を考え
取材をして
写真を撮って
記事を書いて
デザインイメージを考えて…
新聞委員のみんなが
半年かけて作り上げました

リニューアル第1弾の2015年版は
すでに在庫がまったくないほど好評なのだとか

2016年版も生徒たちのアイデアが詰まった
楽しい紙面になっていますよ!

とはいえ
委員会なので
やる気のある子たちばかりではないんです・・・

なので
お尻を叩くのも結構大変

時には先生に喝を入れてもらうことも・・・
(学校の先生って大変だなぁ と実感)

初めて新聞づくりに挑戦する生徒たちも多いので
「なかなか進まない!」
というじれったい時間もありましたが
苦労した分
完成したときのみんなの笑顔が染みました

まとめ役として大活躍してくれた
委員長の齋藤くんや
後輩たちが困ったときに積極的に
サポートしてくれた3年生をはじめ
新聞委員のみんな
お疲れさまでした!