ガーデニングとマルシェの週末②

昨日のブログは
土曜のガーデニングについて
書きましたが

日曜日は
中央林間手づくりマルシェの
お手伝いでした

手づくり品の生み出す交流で地域活性!

第1回からお手伝いしているマルシェも
もう5回目

今回も
すばらしいイベントになりました!

天気も
暑すぎず
風も程よくあり
まさにイベント日和

マルシェの特徴は
出店者からは「来場者の質がいい」という声があり
来場者からは「出店者の質がいい」という声があること

両者に信頼関係があり
お互いに良いイベントにしようと思っているからこそ
順調に成長している気がします

その要因の大きなひとつが
「イメージづくり」
だと思うのです

そして
実際に
そのイメージ通りのイベント(行動)に
落とし込んでいること

これが大事!

ポスターやパンフレットやHPで作るイメージを
街のイメージに合わせていること

出店する店を
ときにはシビアにジャッジし
高い質を維持すること

スタッフの迅速で丁寧な対応

これらが重なって

「イメージとギャップがない
むしろ それ以上」
のイベントができていると思います

想像しているものの
上を行くから
信頼できるし
次も期待できる

マルシェは
そんな上昇気流に乗っています

地域活性はもちろん
仕事をする上でも
本当に参考になるイベントです

*************
 以前のブログはコチラから
*************

ガーデニングとマルシェの週末①

今週は(も?)
土日もフル稼働!

まず昨日の土曜日は
3年目を迎えた
大和駅前プロムナードの
ガーデニング作業日

朝イチで
ホームセンターに花を買いに行き

いつものとおり
総務のTさんとTさんJrのカズさんとともに
リベルタガーデンをリニューアルしてきました!

今回から参加者も増え
いっそうワイワイした
にぎやかな雰囲気に

このプロジェクトの良いところは
なんと言っても
この雰囲気です

ガーデンはそれぞれにこだわりがあり
個性が発揮されるのですが
作業はみんなで協力し合い
アドバイスし合い進みます

ときには道行く人も手伝ってくれたり
抜いた花や種をもらっていってくれたり

地域の方とのコミュニケーションが
自然と生まれるのが楽しい!

今回は参加者同士の交流が
より多くなったかな~と思います

何といっても
われらがリベルタガーデンは

隣りのガーデンを担当する
大和市スポーツ・よか・みどり財団さんに
植物を分けてもらい

今年から参加している
梶尾ブロックさんに
板を分けてもらい


みなさまの協力のおかげで
完成したようなものです
↓コチラ

本当にありがとうございました!

これから植物が
グングン成長するので
夏に向けて
もっと華やかなガーデンなるはずです

大和駅近くにお越しの際は
ぜひご覧ください

もちろん
ほかのブースは
比べものにならないくらい
もっともっと素晴らしいですよ!

次回は
日曜日の
マルシェについて書きま~す

<おまけ>

今回も大活躍のこの方!

完成したガーデンの前で
満足げな笑顔をキメる
カズさんでした~

*************
 以前のブログはコチラから
*************

田植えをしよう!

いつもお世話になっている
厚木市山際にあるレストラン
栗の里さん

農家直営レストランなので
お米も大変おいしいのですが

おいしいだけではないのが
このお店の魅力

お店の前にはローズガーデンがあり
お店の中では古き良きオルゴールを楽しめ
オーナーと店長はいつの間にか
バルーンアート・アーティストになっていて


レストランというより
エンターテインメントスポットという感じ

そんな栗の里さんでは
農家ならではの体験もできます

それが
「親子で田植え体験」

お米農家が行っている作業を体験することで
食べ物のありがたさを実感してもらう食育です

今年は
6月9日(日)9時から

参加は無料で定員は先着50名

ただし
お米ができるまでを体験してもらうため
夏の草むしり&秋の稲刈りにも
参加できること

そして
田んぼまでは車で移動するため
自家用車で来られることが条件です

稲刈りでは
学校の資料室にあったような
昔の農具を使った貴重な体験もできるので
大人でも楽しいですよ!

参加したい方は
お店に電話でお申し込みを
TEL046-245-1341

5.26はマルシェですよ!

さてさて
まもなくマルシェの時期です

マルシェとは・・・
そうです
「中央林間手づくりマルシェ」

今年の春夏コレクションは
5月26日(日)に開催です!

5回目を迎える今回も
会場は
いつもどおり
中央林間駅東口の
とうきゅうストア周辺~柿の木通り公園までのエリア

雑貨やアクセサリーや洋服など
手づくり作家さんのお店が
139店並びます

私は第1回目から
実行委員として参加していますが

内側から見ても
第1回目から
こんなに順調に成長している
イベントもなかなかないのでは?
と思います

それは
出店に関わる手づくり業界
コンサート関係の音楽業界
集客・PRのための広報
地域のみなさま

各分野の専門家が集結し
それぞれの技術・知識を生かしていること

また
出店者の「質」の面で
決して妥協しないこと

それらが
中央林間手づくりマルシェを
ひとつのブランドとして
確立させていると感じます

地域活性化の仕掛けとして
とても参考になるイベントです

そして今回も
私は本部のチャリティー販売ブースを
お手伝いします

みなさま
ぜひお越しください!

〈おまけ〉

マルシェのイメージキャラクターは
FMやまとのパーソナリティー
川島ノリコさんですが

川島さんの後任を
虎視眈々と狙っている(?)
キューピー田中さんが
いい具合の表情で
マルシェをPRしていたので
撮影してみました


みんな来てね♡

************
以前のブログはコチラから
************

仕事の楽しさを履き違えない

リベルタの伝統コーナー
キャロットは
スタッフが持ち回りで書く
約300字のコラムです

リベルタ=自由という名のもとに
主義主張をしない媒体ですが
ここだけ唯一
スタッフの主義主張が
垣間見えるコーナーです

なぜ急に
キャロットの話を始めたかというと
今週号の担当が私だったからです(笑)

ということで
掲載したキャロットをご紹介

********************

「真面目に頑張っている風で、
その実、自分の決めたことすらやらない人間が
一番たちが悪い」。以前聞いたこの言葉で、
仕事に対する意識が大きく変わった

「できた」か「できなかった」か。
仕事では、過程より結果が求められる。
無論、「やらなかった」は問題外。
過程すらないのなら、振り返ることも
次の階段へ上がることもできない

「反省」のつもりが「言い訳」に。
「信頼」のつもりが「甘え」に。
「力不足」を棚に上げ、誰かが悪いと「責任転嫁」。
前者と後者は紙一重だ。
妥協や見栄や保身を隠そうとすると、
いつの間にかすり替わる

仕事の楽しさは、目標に対して
最大限の思考と努力と工夫をしてこそ得られるもの。
自戒の言葉を心の指針に、今日も仕事を楽しもう

********************


こんなキャロットを書いてみました

冒頭の言葉
3年前の会議で怒られたときの言葉です

実は
こんなスッキリした感じではなく
もっとキッツ~い感じで言われましたが・・・

この言葉をくれた人は
社外の人なのですが
だからこそ
見えたこともあるのだろうし

ほかにも
仕事に対するスタンスで
いろいろなことを教わりました

特に
3段落目と
4段落目のあたり

この辺を履き違えると
スパッと切り捨てられるので
だいぶ鍛えられました

といっても
まだまだなんですけどね・・・

今年の新入社員の方
そろそろ5月病になる頃かしら?
と思い
仕事観に関して
生意気にも
物申してみました

〈おまけ〉

ちなみに
来週号のキャロットは

いぶし銀の日本語職人
ゴジラ瀬能さんが担当です

ほかのスタッフには書けない
季節感あふれる
情緒ゆたかなキャロット

お楽しみに!

★以前のブログはコチラからご覧ください★