打ち立ての新そばは絶品でした!

本日は
神奈川農産工業さんが主催する
そばの花を愛でる会
に行ってきました

毎年新そばの時期に行われる
このイベントは
そば畑の中の会場で
そばの花を眺めながら
職人さんの手による打ち立てのそばを
味わえるのです

今年も大盛況!
開始2時間くらいで
整理券は600番を超えていました


会場は
瀬谷養護学校のとなりにあるそば畑

白く可憐なそばの花が咲いています



職人さんたちが
目の前でそば打ちを披露

鮮やかな手さばきに
みんな食い入るように注目していました

ちなみに
上の写真の一番手前に写っているのは
大和市桜ヶ丘のお蕎麦屋
卯月の佐藤さんです


そして
打ちたて
茹でたての新そば!

私はそんなに繊細な舌は持ち合わせていないので
そばの味の違いはそこまでわからないのですが

これはスッゴイおいしかった!!
香りも良く
コシも強くて
感動です!

そばを食べるのはどこででもできますが
そばがどうやって育っていて
職人のどういう技で美味しくなっていくのか

その過程を体験することで
美味しさも増すし

なにより体験することは
「思い出」になります

思い出になれば
そばを見るたびに
このイベントが頭に浮かびます

だから
思い出販促は強いのです

そば粉を卸す企業と
そのそば粉を使っているお店(職人)が
タッグを組んで
そばの魅力を伝えるイベント

ほかの業種でも参考になるのではないでしょうか?
これからも長~く続けてもらいたい企画です

<おまけ>

ちなみに
そばにはピンクの花もありました

キレイです