泉区の実力派子ども落語家

瀬谷・泉区版3月27日号で
紹介している
小林亭竜之介(たつのすけ)くん

小学4年生(明々後日からは5年生)ながら
キャリア6年の落語家です

本名は
小林竜也くん

声色を変えて見事に演じ分けるのはもちろん
レパートリーも10以上あり
そのすべてが頭の中に入っているというから驚きです

「聞いていると自然と覚えます」
と平然と話していましたが

記憶力が良すぎて
教科書の内容も覚えてしまうのだとか・・・

その記憶力
少し分けてほしい・・・

しかも
時事ネタを取り入れたアレンジも
自分で考えるのだそう


この写真は
取材した日のもの
※弥生台にある
  だんだんの樹さんの落語会です

この日は
「一目上がり」を披露していたのですが
主人公が驚く場面では
「じぇじぇじぇ!」
で笑いをとっていました

ほかにも
昨年は
「今でしょ!」と
「お・も・て・な・し」
も取り入れ済み

私はてっきり
ご家族が
アドバイスしているのかと思っていましたが

声の使い方も
アレンジも
自分で自然と身につけたもの

取材に同席したおじいさまやお母さまも
「私たちは何も教えてないのに・・・」
と驚いたそう

しかも
40分ある噺でも
1回も噛まないというから
さらに驚き

これは
毎朝行っている発声練習のたまもの

やはり
人を楽しませることができる人は
年代問わず
コツコツと努力を重ねているのですね

私も見習わねば!

ちなみに
将来の夢は
「落語ができるアナウンサー」

十数年後
テレビの向こうに立っている姿を見られるのを
楽しみにしています!

<おまけ>

紙面のスペースの関係で
泣く泣くカットした写真を・・・

落語を始めるきっかけを作った
おじいさま・順一さんとのツーショット

着物は
ひいおばあちゃんの手づくりだそうです

落語家・小林亭竜之介くんの活躍は
順一さんのブログでも見ることができますよ
コチラ