30周年に向けて

昨日
リベルタ25周年感謝の集いを開催しました

いつもお世話になっているクライアント様や
地域の団体の方々
協力会社のみなさま
昔のスタッフなど
120人以上の方にお越し頂きました

そして
多くのお祝い電報も頂き

みなさま
本当にありがとうございました!

自分が担当しているクライアント様以外は
なかなかお会いする機会がありませんが
こうして一同に会すると
本当に多くの方々に支えて頂いての25年なのだ
ということを実感します

さすがの安定感で司会をしてくださった吉川精一さん

迫力あるパフォーマンスからスタッフ紹介のMCまで
エンターテインメントの部分をすべてプロデュースして頂いた
世界の太鼓ドラマー・ヒダノ修一さんと勇舞のみなさま

いろいろなワガママを笑顔で聞いてくださり
素晴らしい料理を提供してくださった
オークラフロンティアホテル海老名のみなさま

リハーサルの段階から写真撮影に来てくださった
カメラマンの金武武さん

広い会場に多くの人で撮影は大変だったと思うのですが
快く引き受けて頂いた大和ビデオクラブのみなさま

素敵な花で会場を彩ってくださったアキラフラワーさん

締切り慣れしているが故
ギリギリになってからこそエンジンのかかるリベルタスタッフに
ドキドキした部分が多々あるかと思いますが
おかげさまで良いイベントになりました

本当にありがとうございました!

帰りにお見送りする際
多くの方に「良い会社だね~」と言って頂いたのが
とてもうれしかったです

スタッフ紹介でのグダグダ感も
「リベルタらしい」と
概ね好評(?)でしたので
まあ 良かったかな と…(笑)

長く勤めているスタッフも
4月に入社した新人スタッフも
普段クライアント様と接する機会の少ない内勤スタッフも
良い刺激を受け
改めて自分の仕事の意味について考える機会になったのでは
と思います

30周年記念でも「良い会社だね」と言って頂けるかどうかは
これからのスタッフ一人ひとりの
一日一日の
現場での仕事の取組み方次第

クライアント様のために
地域のために
何ができるのか

という仕事の基本を大切に
できることの幅を広げ
もっともっとみなさまの役に立つ会社を目指します!

これからも
どうぞよろしくお願いします!

〈おまけ〉

金武さんが撮った写真はまだありませんので
私が合間に撮影した写真を・・・


ヒダノ修一&勇舞の太鼓演奏


産休中の山野さん(右)も参加
府川さんとの美人ママツーショット


こちらは受付


打ち上げでは
実行委員長の丸山さんに
社長から花束贈呈が

実行委員のみなさん
お疲れさまでした!

金曜日は・・・

リベルタ25周年記念感謝の集い
を開催します

リベルタが誕生したのは25年前
私がまだ小学校低学年のとき
(たまに まだ若いアピールをしないと・・・笑)

大和版は
今週発行の紙面で1129号を迎えました

地域のクライアント様
読者のみなさま
フレンズさん(配布員さんのことです)
協力会社のみなさま
外部のライターさんやデザイナーさんなど

多くのみなさまに支えられて
発行することができています

そんな感謝の思いを伝えるべく
金曜に開催する感謝の集い

すべての方をご招待することができないのが
心苦しいのですが

ご参加頂けるみなさま
どうぞよろしくお願いします

各テーブルには
スタッフが混ざり
おもてなししますよ!

私のテーブルは・・・
顔ぶれを見ると
たぶん一番うるさい
・・・いや
にぎやかな雰囲気になりそうです(笑)

不思議なもので
ひとりの営業マンが担当する
お客様の雰囲気やタイプって
似ているんですよね

類は友を呼ぶ
というか
自然と似たスタンスの人が集まるというか・・・

とにかく
私のお客様は
「仕事は楽しんだもん勝ち」
な人が多いということです

<おまけ>

須田支社長のフェイスブックから
写真を拝借・・・

スタッフ全員で
金曜の打ち合わせをしている様子

実行委員のメンバーは
連日夜遅くまで
準備に追われています

私は
当日ガンバリマス!(笑)

香川へ商店街見学へ

行ってまいりました
少し前の5月末のこと

せっかく香川まで行くのだから

無理やり母を誘い
強制的に親孝行も実施

いまさらですが
ご紹介を・・・

訪れたのは「高松丸亀町商店街」

全国から1年に1万人も視察に訪れるという
注目の商店街です


このドームが目印
商店街の通路はすべてアーケードで覆われています


建物はヨーロッパのようなイメージでとてもオシャレ
並んでいるお店も
超メジャーなブランドがズラリ

そういう意味でも
商店街というよりショッピングモールに近い雰囲気です

その中に
地元の和菓子屋さんや飲食店
ブティックなどが混ざっています

ここの商店街は
一度更地にして建物を建て直し
その際に
テナントの業種などをバランスよく配置したそう

確かに
入り口で
「こんなブランドも入っているんだ」という
驚きからはじまることで

地元ならではのお店や
この商店街にしかないお店が
引き立っています

しかも
周辺の商店街にもアーケードがあるため
それが
気づいたらほかの商店街になっているという
導線の役割も果たしていました


周辺の商店街は
乾物屋さんや青果店など
いわゆる昔ながらの商店街の雰囲気を持つお店が多数

これがまた
個人的には
丸亀のオシャレ感とのギャップで楽しめました

そして
周辺の商店街と合わせると
おそらく1km四方はあるのではないかという広さで
結局5時間くらい
このエリアで過ごしていました

土地の権利や区画の問題
さらには資金など
ここと同じ手法で商店街を立て直すのは
なかなか困難です

ですが
アーケードではなくても
ほかの商店街やお店との導線を作ったり

商店街全体でのブランド作りができるように
共通のデザインを持った何かを設置したり

1店舗ではできないことが
複数店舗集まることで可能になるのも商店街のメリット

これはそのまま
私たちの媒体の役割にも通じます

街やお店を横につなげる企画を
考えなければいけないな
と改めて気合が入りました

〈おまけ〉

丸亀町商店街には
私がいつもお世話になっている
造園家の金井良一さんが手がけたガーデンもあります


飲食店の看板とコラボしています

大きな工事はできなくても
こういうスポットを作ることで
商店街のブランド力を高められるのではないでしょうか

〈おまけ2〉

香川に行ったので
もちろん
これも食してきました

初香川なので
まずはキング・オブ・さぬきうどんと言われる
山越うどんへ

あたたかいうどんの「かまたま」と
冷たい「やまかけ」では
うどんの食感がまったく違うのに驚き!

どちらも絶品なのには変わりませんが・・・

ちなみに
私たちは5分ほどで入れましたが
GWには5時間待ちだったそうで・・・

恐るべし
さぬきうどん・・・