経営者と社員の意識は交わらない②

昨年11月のリベレター(クライアント様向けのメルマガ)に書いた
「経営者と社員の意識は交わらない」
というタイトルのコラム

いまだにちょこちょこと
「あのコラム良かった」
という言葉を頂くことがあります

みなさま
お読み頂きありがとうございます!

コチラで読めます

あのコラムが「良かった」と
言って頂く方の多くは
私と同じくプレイングマネージャー的な
立場の方たち

業種を問わず
やはり同じような悩みを抱えているのだな~と
感じる次第です・・・


コラムは割と概念的なことを書いたので
「例えばこういう違いです」というのを
私が体験したことを例にご紹介します

以前参加したフリーペーパー会社の勉強会
数社のフリーペーパー会社から
それぞれの経営者と管理職(プレイングマネージャー)が参加しました

フリーペーパー単体の収益は
広告料のみですから
自分たちの作りたい紙面を作るためには
まずは広告収入を得なければなりません

なので
こういう集まりになれば自ずと
テーマは「営業について」が中心になります

その日
講師がふと参加者に
「営業の仕事って何をすることだと思いますか?」
と尋ねました

返ってきた答えは

「売上を上げてくること」
「自社の宣伝をすること」

「お客様の売上に貢献すること」
「売上・気持ちなども含めてお客様を元気にすること」

実は
上2つは経営者
下2つはプレイングマネージャーが答えたものです

明らかに違いますよね?

上2つは自社に軸があります
下2つはお客様に軸があります

どちらも結果的には
自社の売上を上げることにつながりますが
意識の置き所(どういう営業マンになりたいか)が違うのです

もちろん
最終的な結果(数字)から物事を判断する経営者と
その結果(数字)を出す過程をつくるプレイングマネージャー
という仕事の違いがありますから
違って当然

その先にいるプレーヤー(スタッフ)とも
もちろん違うのです

その異なる意識を束ねるのは
経営理念とかミッションとか会社の目指す像という
「会社が進むべき道筋」

ここが明確でないと
会議をしても結論が出ないし
そもそも会話が噛みあわない

1つの舟に乗ってはいるが
みんなが別々の方向にオールを漕いでいて
沈みはしないが
一向に前に進まない・・・
という状態になります

だから
まずは
「自社がどんな会社になりたいか」
明確なビジョン(行き先)を示すこと

そのビジョンの中に
スタッフひとりひとりが「なりたい自分」の
ビジョン(舵を切る方向)を重ねること

が必要なのでは
と思います

中学生の成長にビックリ!

昨日と今日の2日間
大和市立光丘中(通称:こうちゅう)の2年生が
リベルタに職業体験にやってきました

講師はTJ専務と私

取材をして
記事を書いて
編集して・・・・
なかなか忙しい2日間

しかも
2日間では終わらないレベルの新聞を作るので
宿題も出しました

最後にはだいぶグッタリしていましたが
カッコイイ新聞ができましたよ~

みんな
お疲れさまでした!

では
2日間の様子を写真でご紹介・・・


こちらは校長先生取材チーム
緊張でちょっと表情が固い・・・?


観光協会の星野事務局長にも
取材にご協力頂きました
ありがとうございました!


みんなで相談しながら記事を仕上げます
カメラを向けたらTJ専務が一番意識していました(笑)


真剣です!

2日目には何と
タウンニュースさんに職業体験に来ていた中学生が
リベルタに職業体験に来ている中学生を取材しに来るという
近年まれに見る珍事が!(笑)
奇跡のコラボです

取材される側の気持ちも体験できて良かったね


これは私が入れた校正
あまりに真っ赤なので
心がボロボロに・・・(ごめんね)

でも
負けずに何度も書き直してくれました

そして・・・・

こちらが完成したリベルタ光丘中特別版

いや~
良いのを作ってしまった・・・(笑)

3年連続で
職業体験の指導をしていますが

「やる気あるのかな~」という感じだった子が
2日目には率先してパソコンの前を陣取ったり

取材が上手にできなくて凹んでいた子が
「この仕事は俺がやる!」と意外な負けん気を発揮したり

記事を書くコツを教えたら
「そうすればいいのか~!」と明るい表情に変わったり

中学生の柔軟さや吸収力には
毎年目を見張ります

(今年はリベルタの締切と重なって
 ちょっと大変だったけど 笑)

刷り上がりは来週!
みんなに胸を張って配ってほしいな~
と思います

厚木支社でスタッフ募集中です!

昨年9月に創刊したリベルタ厚木版
フレンズさんたちの頑張りで
毎週毎週少しずつ部数も増やすことができています
ありがとうございます!

広告の営業と紙面の編集は
支社長と編集長の2人が担当していますが
現在ネコの手も借りたい状況です・・・

そこで
そんな2人を支えてくれる
いや
むしろ2人を超えてくれる営業編集記者(正社員またはパート)
を募集します!

主な仕事内容は
◆広告の企画・営業
◆紙面の編集
◆地域情報の取材・執筆

勤務は9時30分~18時15分 ※残業あり
月1回の土曜勤務以外は週休2日(祝日も休み)です
条件は短大卒以上で普通免許を持っていること

どんな仕事も大変ですが
毎週締切が待っている仕事も
正直なかなか大変です

でも
「厚木が好き!」
「人が好き!」
「自分のアイデアを形にしたい!」
という人には堪らない仕事です

締切というプレッシャーが快感に変わった頃には
きっとあなたも立派な「リベルタ人」!

月刊紙から転職した私も
はじめは毎週やってくる締切にてんやわんやでしたが
今では
締切りが近い方がやりやすいくらいです・・・

業界経験は問いません
その他詳細など
まずは電話でお問合せください
TEL 046-261-6111(本社)

あと
あったら便利なスキルとしては

◆須田支社長の似てない(上にしつこい)物真似を
  バッサリ切る突っ込み力
◆須田支社長の似てない(上にしつこい)物真似が
  誰の真似かわかってあげる想像力
◆アラフォー男性なのに一番女子力の高いタカシ編集長の
  女子力アピールに気付く観察眼

などがありますが
必須のスキルではありませんし
上記3つは私がしっかりアドバイスしますので
あまり気にせず応募してください


お待ちしていま~す!

お礼とご報告

12月25日号の瀬谷・泉区版で企画した
600号記念の読者のプレゼントに
400通以上の応募を頂きました

みなさま本当にありがとうございます!

毎日どっさりと届くハガキとFAXに
驚くやら
とにかく嬉しいやら

魅力的なプレゼントをご提供頂いた
地域のお店のみなさまのおかげです
ありがとうございます!

明日にはすべてのプレゼントの抽選を終え
順次当選通知を発送していく予定です
あと少しお待ちください
※当選通知のハガキが引換券になっているものもあります
 くれぐれも無くさないように気をつけてくださいね

中には倍率20倍以上のプレゼントもあり
熱心に書いて頂いたハガキを見ながら
「この人にも当てたいし
 あの人にも当てたいし
 でも当てられない・・・・」
と胸の痛くなる葛藤を乗り越え抽選しました

残念ながら当選しなかったみなさま
すみません・・・・

次の記念の号では
またビッグなプレゼント企画を用意しますので
懲りずにこれからもお付き合いください

そして
みなさまから頂いたアンケートを参考に
もっともっと喜んで頂ける紙面を作っていきたいと思います!

これからも末永くよろしくお願い致します

<おまけ>

来週の22日・23日には
大和市立光丘中学校の2年生が
職業体験にやってきます

今日はその打ち合わせもありました

なんだかんだで毎年
職業体験の担当になる私

大和の中学校ですが(笑)
今年も私が先生です

毎年中学生の吸収力の高さに
刺激を受ける2日間

大変だけど楽しいです

仕事はじめです

あけましておめでとうございます!
リベルタは今日が仕事始め

雪が降る地域に帰省したスタッフもいましたが
全員無事に帰還しました

私はと言えば
せっかくのカレンダーの奇跡を生かすべく
29日に有休を取り9連休にしたものの
連休初日の27日に
まさかのインフルエンザ発症・・・・

9連休の半分を自宅軟禁で過ごすという
年末を楽しみました・・・
(暇だから大掃除はしましたけどね)

インフルエンザになったのは高校生の時以来

長い連休を取ろうなんて
慣れないことをしたせいでしょうか?

でも連休の無駄遣いをしてしまったので
今年の目標は
「有休を使う!」
に決めました

「趣味=休日出勤」を脱却し
ちょこちょこ色んなところに出かけて
たくさんの情報をインプットしたいと思います

去年は母と旅行に行ったので
今年は去年誘い忘れた父も一緒に
親子旅行に行ってみようかな

ということで
みなさま
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

<お礼>

12月25日号の瀬谷・泉区版600号記念読者プレゼントに
本当にたくさんのご応募を頂いています
ありがとうございます!

これは応募のハガキたち
さらにFAXでの応募も続々届いています

社内では
過去最高の応募数では? 
と話題です

プレゼントをご提供頂いたクライアントのみなさま
本当にありがとうございます!

当選ハガキの発送は15日頃を予定しています
ご応募頂いたみなさま
もう少しだけお待ちください

<おまけ>

リベルタFacebook用に
海老名・座間・綾瀬担当の亀ちゃん(左)と
大和・相模原担当のクロちゃん(右)に
「羊っぽい顔して」と無茶ぶりしたところ

やさしい2人は渾身の「ひつじ顔」を
披露してくれました

せっかくの2人の努力を無駄にはできないので
私のブログでもご紹介・・・

猪木じゃないよ 羊だよ