島田ツアーの話 その1

どうやら私は
休日も仕事しかしてないと
思われているようなので
たまにはプライベートの出来事を・・・

先月
学生時代の友人が住む
静岡県の島田市に行ってきました
(数人に「なぜ島田?」と言われましたが 笑)

友人は「何もないよ」と話していましたが
いやいや
とっても素敵な町でした


茶畑が広がる景色が
まず新鮮
少し土地があるところには
もれなくお茶が育っていました


こちらは蓬莱橋
世界一長い木造歩道橋です
手すりがけっこう低いので地味に怖いです・・・

そして
蓬莱橋のかかる大井川を
江戸時代の旅人が渡る手伝いをした
人足の宿舎や料金所の風景を再現した
大井川川越遺跡

この遺跡の近くにある
煎茶カフェでは
一煎目 二煎目 三煎目と
同じ茶葉で違うお茶の魅力を味わうことができます

旨みのギュ~~っとつまった一煎目は
なんと昆布だしのような味がしました
(旨み成分のアミノ酸が共通だからだそうです)

二煎目と三煎目は
いつも飲んでいるお茶と似ているのですが
苦みや渋みなどがそれぞれ違っていて不思議
お茶って奥深い!

そして
お茶を語りだしたら止まらない
カフェのオーナーの話も面白い!
ついつい長居してしまいました・・・

ほかにも
陶芸体験をしたり
静岡県民ふるさとの味(?)
「さわやか」でのハンバーグディナーなど
盛りだくさんの1日目でした

まだまだあるので
続きは次回・・・