今週末はマルシェ秋冬コレクション

29日の日曜日は

中央林間手づくりマルシェ
~2015秋冬コレクション~

が開催されますよ!

大和市内のイベントの中でも
屈指の人気イベントとなったマルシェ

先日はなんと!
神奈川県の観光客増加や地域活性化に
貢献した事業に贈られる
「かながわ観光大賞」の
優秀賞を受賞しました!

おめでとうございます!

今回も
中央林間の駅前に
手づくり作家さんたちのお店が
130以上もズラリと並びます


これはほんのひと区画
ちなみに私は
左下の方のチャリティーブースにいます

販売だけではなく・・・

ワークショップや


コンサートも!

当日会場で配っているパンフレットには
駅周辺のグルメマップも載っていて
パンフレット持参の方には特典もあります

お店を見て
ワークショップに挑戦して
コンサートの音色に癒されて
ランチして・・・

1日中楽しめますよ~

※午前中は人混み覚悟でお越しください
  あと お財布の中身は余裕をもって
  準備しておくことをおすすめします・・・

私は今回も
本部横のチャリティーブースにおります

東日本大震災の復興支援のため
各お店から提供していただいた商品を
販売しています

チャリティーはもちろんですが
いろいろなお店の商品が一度に見られるうえ
中には超お買い得品が紛れ込んでいて
常連さんには密かに人気のブースだったりします

ぜひぜひお越しください!
お待ちしていま~す

〈おまけ〉

前回のマルシェの写真をいくつか・・・

5月の時の写真ですので
この商品があるわけではないのですが
今回も見ているだけでテンションの上がる
雑貨がたくさん!

出店一覧などは
マルシェのHP(コチラ)でチェックできますよ!

場外乱闘注意!!

今日は
瀬谷駅南側にある
「いちょう通り商店会」で行われた
商店街プロレスを見てきました!

こちらは商店会の入り口
模擬店もたくさん出ています

商店街プロレスは
横浜市に拠点を置く大日本プロレスが
市内の商店街とタッグを組んで開催しています

初めて見ましたが
おもしろかった~!!


間近で見ると
なかなかの迫力!

こんなカッコイイ戦いもあれば・・・

壮大なコント(?)もあり
※写真はダ〇ョウ倶楽部のギャグを熱演していますね・・・

小さな子どもが見ている中で
「大丈夫かしら?」とちょっと心配になる
ややお下品な展開も・・・

でも
コント組(?)のプロレスラーも
カッコイイ技を披露していましたよ

そして
場外乱闘!

水を吹き出したり
まき散らしたり
屋台から卵を拝借して武器にしてみたり

もう
やりたい放題(笑)

ですが
それが おもしろい!
大人も子どもも大盛り上がりでした

プロレスラーは
やっぱり
エンターテイナーですね

銀行の駐車場にリングがあるという
ややシュールな光景も
商店街プロレスならでは

ちなみに
プロレスの合間には
瀬谷中学校の合唱部がステージを披露

リングの上で
キレイな声を響かせていました

これも
なかなかできない体験ですよね

かわいかったです!

瀬谷区初!舞台の幕が上がります

これまで演劇の上演がなかった瀬谷区で
初めてとなる舞台が行われます

タイトルは
「絹糸(いと)の記憶」

企画したのは
瀬谷区在住の山浦和男さん

「 地域の人びとの手で
 若い人に地元の歴史を伝えたい」

「瀬谷区の人びとに、
 生身の人間の演じる力を体験してほしい」

瀬谷の歴史を織り交ぜた
オリジナルストーリーの舞台です

役者はオーディションで選ばれた地元の方たち

演出の森さゆ里さん(文学座)をはじめ
脚本や舞台監督などプロの方たちのサポートを受け
連日稽古に励んでいます

上演は
◆11月20日(金)19時
◆11月21日(土)11時/15時
会場は瀬谷公会堂
※相鉄線三ツ境駅から徒歩10分  瀬谷区役所の中です

チケットは前売り2500円(学生1800円)
当日は2700円

申込みはHPまたはメールで
〈HP〉 http://kinunokioku.com/
〈メール〉kazuo-y@pg8.so-net.ne.jp(山浦さん)

役者さんの息遣いや緊張感
動く音や観客の気配・・・

生で演じる舞台には
映像とは違った迫力と伝える力があります

ご興味のある方は
ぜひご覧ください!

*  *  *  *  *  *  *  *  *

瀬谷にはじめて演劇の舞台の幕が上がります
はじめましては
たたかう女の子の物語
『基地を奪還せよ!』
大作戦のはじまりはじまり」

*  *  *  *  *  *  *  *  *

先生になりました~大和南高編~

実は
7月から9回ほど
大和南高校に出張していました

何をしていたかというと
新聞委員会のお手伝いです

大和南高校の新聞委員会では年に1回
「南翔新聞」という学校新聞を発行しているのですが
もろもろの事情により
今年からリベルタが制作のお手伝いをすることになりました

これまで
中学生の職業体験は何度か担当しましたが
高校生は初めて・・・
学校新聞のお手伝いも初めて・・・

しかも
委員会ですから
みんながみんな「新聞つくりたい!」という
テンションではないわけです
(私が高校生だったときも委員会は
 「仕事が少なそう」とかで選んでましたからね~)

そんななか
「今まであった新聞は全部忘れて
 まったく新しいものを作ろう!」
という挑戦です

最初の顔合わせで
「なんだよ~なんかメンドクサイ感じになったな~」
という生徒の空気を感じ
はやくも心が折れそうになり・・・

しかも
生徒たちも先生も
企画会議も取材もラフや記事作成も
すべてが初めて
教えるこちらも初めて
手探り状態で進みます

そんな感じなので
企画も一向に出ず
たまりかねた先生の喝が入ったりもしました

でも
「伝える」という仕事は
読んだ人の心に必ず何かを残すこと
それはすご~く小さいことかもしれないけど
時にその人の人生を変えることだってあること
そして自分の心や人生も変わることがあること

そんな私が日々感じていることを話したりしながら

予定よりかなり押しましたが
何とか完成しました~!


敏腕デザイナー石川さんの手により
生徒たちのアイデアが見事に形になりました

いや~~
正直けっこう大変でした・・・

でも
高校生らしい楽しい紙面ができました

先週末には全校生徒に配られ
学校説明会では
南高に進学希望の中学生たちにも配られているはず

う~~ん
反応が気になる・・・

みんなが頑張って作った新聞で
「うちの学校 けっこうやるじゃん!」とか
「この学校 楽しそうだな」とか
「もうちょっと学校のこと知りたいな」とか
少しでも感じてもらえたらいいな~

何より
淡々として
あんまりやる気が見えてこなかった
新聞委員の生徒たちが

完成した紙面を見て
「やったね!」という笑顔になったのが
うれしかった!

やっぱり何事も
体験が大事!

体験した結果
ツマラナイとか
メンドクサイとかで
終わることもあるだろうけれど

忘れたころに
きっと「あの時やっといて良かった」と
感じる瞬間が訪れると思うのです

さて
来年はどうなるかな~~?

〈おまけ〉

南高OBの須田支社長も
仕上がりには満足なようです

ちなみに
初回の顔合わせに参加した須田支社長

後輩に披露した渾身のギャグが
見事なまでに滑ったことは
ここだけの秘密です♪