配送センター稼働開始!

3つ前のブログでも紹介しましたが
リベルタでは
4月から自社配送センター
「リベルタ ポスティングサービス」
をオープンします

4月7日発行分からは
すべてこちらでの仕分け作業となります

ということで
24日には開所式を行いました

たくさんの方のご協力を得て
無事に第一歩を踏み出すことができました

本当にありがとうございます!

そして
14名の仕分けスタッフが仲間になってくれました

※立っているのが仕分けスタッフです

ここから
努力と工夫を重ね
地域ナンバー1の媒体を目指すと同時に
地域ナンバー1そしてオンリー1の
ポスティング会社を目指します

より正確に
より丁寧に
より心を込めて
地域の皆様のお宅にお届けできるよう

クライアント様には
より便利に
より信頼性が高く
より効果的なポスティングとなるよう

エルピススタッフはもちろん
本社スタッフも一丸となって
取組んで行きたいと思います

どうぞよろしくお願い致します!

☆リベルタ ポスティングサービスは
 大和市深見3886-23
 藤沢街道沿い
 桜ヶ丘ボウルの斜め前です

アンクルンをご存知ですか?

ブログでのご紹介が遅くなってしまいましたが
明日26日(土)13時から
瀬谷センターで
アンクルンアンサンブル「インダ プトゥリ」の
コンサートが開催されます


インダ プトゥリの3人
左から渡辺玲子さん
代表の新谷たか枝さん
田村照代さん

アンクルンとは
インドネシアの楽器で
竹でできた筒を振って音を出します


こちらがアンクルン
下の竹に刺さっている部分に
隙間があるのがわかりますか?

振ると
ここがぶつかって音がなります

2本(もしくは3本)の音で1つの音を奏で
ハンドベルのように
ひとりひとつずつ持って
曲を演奏するのが本来のスタイル

・・・なのですが
今回取材した「インダ プトゥリ」は
これを約100個吊り下げ
3人だけで演奏します


こんな感じ

この演奏スタイルには
本場インドネシアの人たちも驚くそう

取材中
贅沢にも
演奏を独り占めして聴かせていただいたのですが
アンサンブルならではの
迫力と深みのある音に感動!!

しかも
演奏してくださった曲が
ベートーベンの「運命」

この曲ができるの?
とちょっと思っていたりしたのですが
本当に見事でした

このスタイルで演奏できるのは
3人ともクラシックを専攻したピアノ講師であること
(鍵盤が目の前にあるのと同じ感覚だそうです)
メンバーの田村さんが楽譜のアレンジをできること
が大きいそうです

なので
アンクルンだけで運命を演奏できるのは
この3人だけ!

聴かないと損ですよ~

なにより
3人の人柄も素敵です

特に代表の新谷さんの底抜けの明るさは
パワーをもらえます

取材で自宅に伺ったのが初対面だったのですが
ドアが開いて出てきた瞬間に
明るいオーラがバーン!と飛び出てきたような印象

取材中も終始笑いが止まらない
本当に楽しい時間でした

演奏はもちろん
魅力的な3人にも会いにいってみてくださいね!

大和駅前ガーデニングが7月で終了します

このブログでもたびたび紹介してきました
大和駅東側プロムナードで行われている
ガーデニング・プロジェクトが

秋にオープンする
芸術文化ホールに合わせた再開発により
7月で終了することが決まりました

自分も参加していたということもありますが
それを差し引いても
・1年を通して継続して活動できること
・年代性別問わず参加できること
・市民と指導者と行政のトライアングルができていること
・作業する人たちのコミュニティができ
 通りがかる人とのコミュニケーションが起き
 そこでくつろぐ人のコミュニケーションの場となること
・市民が作り上げることで
 大和にしかない「景観のおもてなし」になっていること
など
街づくりとして優れた活動だと思っているので
非常に残念です

新しくできるプロムナードも
個人的にはあまり魅力を感じない計画なので
なおさら残念です

3月17日号の大和・相模原南部版に
記事を書きましたので
少し長くなりますが
こちらにも掲載します

*    *    *    *    *    *

駅前ガーデン7月で終了
~参加者からは継続望む声も~

大和駅東側プロムナードの景観美化を目的に
2011年から始まった
「プロムナード・ガーデニングプロジェクト」。
大和市イベント観光協会が企画し、
市民や市内団体・企業が担当ブースで
個性あふれるガーデンを制作している。

1年目は19ブースから始まった同プロジェクトも、
現在は40ブースに拡大。
道行く人びとの目を楽しませているが、
大和駅東側第4地区再開発事業に伴い、
7月末で終了することが決まった。

参加者からは、
「植物を枯らしたり失敗もあったが、
やっと形になってきたところでなくなるのは寂しい」
「作業していると、通る人たちが『ありがとう』と
声をかけてくれる。植物がなくなると
味気ない景色になってしまうのではと心配」
「子どもからお年寄りまで地域を思い参加している。
その人たちの声を聞かずに終えるのではなく、
場所を変えることなども検討してほしい」
と継続を望む声が上がっている。

ガーデニングの指導を行ってきた
造園家の金井良一さん、みさきさんは
「プロでなくても素晴らしい景観を作れると示せた。
市民・行政・指導者のトライアングルが整っている
景観づくりは全国的にも珍しく、視察も来ていた。
なくなるのは残念」と話す。

大和市文化振興課によると、
同プロジェクトの終了は、
文化創造拠点(芸術文化ホール)へ向かう人の往来を
スムーズにするための歩道整備が目的。
ガーデンのある部分まで歩道を拡大し、
新たに設置する街路灯にアートフラッグや
ハンギングバスケットなどを付ける予定。
同プロジェクト参加者と共同で行う事業は、
現在予定していない。

市民の手による景観づくりでゴミのポイ捨てなども軽減した

*    *    *    *    *    *

もちろん
ガーデニングロードにも賛否はあります

しかし
決して短くない期間
街づくりに取り組んできた人たちの
意見や声を聞かずに
それまでの取り組みをゼロにする計画は
とてももったいないな~と思います

普通の景観はどの街にも作れますが
市民の力で作り上げるものは
その街にしかないものです

やっぱり
もったいない・・・

リベルタ配送センター始動します

ただいまリベルタでは
厚木版創刊以来の
大プロジェクトが進んでいます

それは・・・
自社配送センターの設置!

リベルタはポスティング配布なので
約350人のフレンズさん(配布員)が
1軒1軒みなさまのお宅のポストに
リベルタとチラシをお届けしています

フレンズさんたちが配るリベルタやチラシを
仕分けする配送センターは
現在外部に委託しているのですが
ポスティングのご要望をたくさん頂くようになり
より柔軟な対応ができるように
自社配送センターを設置する運びとなりました

そして
昨日はついに引越し!

本社2階にあったポスティング事業部が
新配送センターへと移動していきました


引っ越しの合間に・・・
弊社のボス・小別所(中央)と
自称ポスティング界の風雲児・須田(左)
リベルタポスティングサービス影のドン・荒井です


広いですね~
しかし 須田センパイ
引っ越し会社の人にしか見えませんね

これまでご協力頂いていた会社のみなさまには
本当に丁寧な仕事をして頂きました

ありがとうございました!

自社ですべてをまかなうようになるからには
さらに丁寧できめ細かい仕事をしていけるよう
ますます努力が必要です

新しい配送センターは
大和市深見3886-23
藤沢街道沿い
桜ヶ丘ボウルの斜め前あたりです

正式に稼働し始めるのは4月から

なので
4月7日号以降に配布するチラシの納品先は
こちらの配送センターになります


※まだ看板はついていませんので
  この写真はイメージです

配送センターの名前は
リベルタポスティングサービス
通称「エルピス」です

近隣のみさなまも
どうぞよろしくお願いします

シニア住宅見学会のご報告

ご報告が遅くなってしまいましたが・・・
2月28日に開催した
シニア住宅見学会
無事に終了しました!

参加していただいた読者のみなさま
ありがとうございました!

シニア住宅見学会は
ひとりではなかなか見学に行きづらい
老人ホームを
少しでも気軽に見に行けるようにと
企画したイベントです

なんと
受付開始から1時間半で定員20名は満席
キャンセル待ちが23名というお申し込みを頂きました

当日は
海老名駅に集合し
バスで2件のシニア住宅を巡ります

まずはカサボニータ海老名さんへ

施設について説明を受けています

カサボニータ海老名は
JMAグループが運営する
サービス付き高齢者住宅です

JMA(ジャパンメディカルアライアンス)は
海老名総合病院などを運営する
社会医療法人として
地域の方にはおなじみ

カサボニータ海老名も
クリニックや透析室が建物内にあるなど
医療体制が整っているのが特徴です


お部屋も見せていただきました

実際の部屋を見ながらだと
生活の細かいところもイメージできるので
質問が途切れることなく続きます


昼食も提供していただきました

シニア向けなので味が薄めかと思いましたが
その美味しさにみなさん驚き!
出汁がしっかり効いていて
塩分控えめでも満足の味でした

つづいて2件目は
リーフヴィラ湘南台さんへ

こちらは住宅型有料老人ホームなのですが
老人ホームというより
シルバーマンションと言った方が
イメージが近いかもしれません

入居されている方も
元気でアクティブな方が多く
私も何度行っても老人ホームという感覚になりません


お部屋を見学
キッチンやお風呂もあります


社長さんのお話
リーフならでの温かく家庭的な雰囲気は
落合社長の人柄あってこそ
家族が増えたような心地よい空気が特徴です

こんな感じで2件を回り
参加者のみなさまからは
「違うタイプの2件を見られて良かった」
「また企画してほしい」
といった声を頂きました

カサボニータさん
リーフさん
ありがとうございました!!

私はバスガイド(?)も担当しましたが
みなさま素敵な方ばかりで
とても楽しかったです!

キャンセル待ちになってしまった方も
たくさんいますので
近いうちに次回の見学会を開催したいと
スタッフ一同準備を進めております

もうしばらくお待ちください・・・

〈おまけ〉

今日はホワイトデー

ということで
バレンタインに負けじと
男性陣から大量のお菓子の差し入れが!

選んだのは
お菓子に埋もれているクロちゃんです

「甘いものとしょっぱいもので永遠で食べられる」
がテーマだそうです