アンクルンをご存知ですか?

ブログでのご紹介が遅くなってしまいましたが
明日26日(土)13時から
瀬谷センターで
アンクルンアンサンブル「インダ プトゥリ」の
コンサートが開催されます


インダ プトゥリの3人
左から渡辺玲子さん
代表の新谷たか枝さん
田村照代さん

アンクルンとは
インドネシアの楽器で
竹でできた筒を振って音を出します


こちらがアンクルン
下の竹に刺さっている部分に
隙間があるのがわかりますか?

振ると
ここがぶつかって音がなります

2本(もしくは3本)の音で1つの音を奏で
ハンドベルのように
ひとりひとつずつ持って
曲を演奏するのが本来のスタイル

・・・なのですが
今回取材した「インダ プトゥリ」は
これを約100個吊り下げ
3人だけで演奏します


こんな感じ

この演奏スタイルには
本場インドネシアの人たちも驚くそう

取材中
贅沢にも
演奏を独り占めして聴かせていただいたのですが
アンサンブルならではの
迫力と深みのある音に感動!!

しかも
演奏してくださった曲が
ベートーベンの「運命」

この曲ができるの?
とちょっと思っていたりしたのですが
本当に見事でした

このスタイルで演奏できるのは
3人ともクラシックを専攻したピアノ講師であること
(鍵盤が目の前にあるのと同じ感覚だそうです)
メンバーの田村さんが楽譜のアレンジをできること
が大きいそうです

なので
アンクルンだけで運命を演奏できるのは
この3人だけ!

聴かないと損ですよ~

なにより
3人の人柄も素敵です

特に代表の新谷さんの底抜けの明るさは
パワーをもらえます

取材で自宅に伺ったのが初対面だったのですが
ドアが開いて出てきた瞬間に
明るいオーラがバーン!と飛び出てきたような印象

取材中も終始笑いが止まらない
本当に楽しい時間でした

演奏はもちろん
魅力的な3人にも会いにいってみてくださいね!