女性と女児の生活を向上させる

 さて、昨日の続きです。
どうして‘国際ソロプチミストは地域社会と世界中で、女性と女児の生活を向上させる‘とあるのでしょうか?

 その疑問解決のためにも先週 東京で研修を受けてまいりました。世界中の組織を持ち、私たちは地域の中で世界に目を向けながらも地域発の活動をしています。今頃になってなぜ 女児なのでしょう。‘子ども‘なら容易に理解できるのに‘女児‘、会員の中からもそんな声は聞こえてまいります。

 今回の研修付き大会でさらに詳しく、アメリカ連盟の理事さんから話を聞くことができました。それは、
・3人に一人の女性が生涯において男性から殴られたりセックスを強要されたり虐待を受けていること
・国境を越え人身売買80万人の被害者のうち79%が女性であること
・8億8000万人の文字を読めない成人の3分の2が女性であること
・学校に行けない1億1000万人の子どものうち60%は女児であること

 女児が男児と同じように教育を受けることが出来るようにと訴えたパキスタンの少女マララ・ユスフザイさんが狙撃されたニュースは記憶に新しい。開発途上国の経済の貧困さや教育機関の未開発、職業どころではない。豊かな日本にいては解らないことばかりだ。「女性と女児」の向上が世界を救う。私たちが力を結集してこれらの問題を解決していくのは女性自らがやらなくてはいけないことなのであるとあらためて感じた次第である。ソロプチミストが女性と女児に焦点を絞り込んで提唱していく重要性は国連が10月11日を「国際ガールズデー」となずけた由縁にも表れている。少しばかりだが理解できたような気がした。 

国際ソロプチミストって なあに?

 4月21日・22日の2日間、国際ソロプチミスト日本東リジョン大会が東京で行われ、会員とともに参加をしてきた。東リジョンとは新潟を含め、関東地方の地域といったところ。ホテルニューオオタニの巨大な会議場で、アメリカ連盟(日本のソロプチミストはアメリカ連盟に属す)の連盟会長・事務局長を迎えて盛大に開催された。
 
 世界中の組織である。だから‘国際‘ がつく。
私の所属しているクラブはアメリカ連盟の、日本の、東リジョンの、地域の、やまとーe。いいクラブとも言いたい。エンターとも言いたい。エレガントとも言いたい。そういう願いで5年前に名づけられた。会員は集まったが勝手に誕生できない。私たちは当時、親クラブともいえる厚木クラブに認証をサポートしていただくために、お願いに上がった。そして認証式を経て正式に登録された。

 厚木クラブは日本で6番目に認証された超大御所で43年の歴史を刻む。毎年毎年、活動の実績が認められ各賞を総なめ。今年、私はクラブの会長を引き受けた。少しでも社会の役に立てるよう、アンテナを広げてきたが、どうだろうか??。「ソロプチミストってなあに?」まだ、認知度が低く、みーんな知らない。行政マンだってこの言葉は言いにくそう。私はロータリークラブの女性版と言ってみるがどうだろう?ロータリーだって知らない人は多いか。

 ところで、その目的を一言でいうと「女性の地位を高めていく」ことと認識している。管理職・専門職に就いている女性の組織ということなので、力を結集させると当然その力は発揮できるのだ。

 サブタイトルはいつでも「地域社会と世界中で、女性と女児の生活を向上させる」とある。
豊かな日本にいては、なぜ 女児???。女性はまだわかるが 男児でなく、こどもでなく、女児に焦点を絞っている理由探しもあって 今回も研修を受けた。
 
 (内容は 長くなるので 明日のブログにします)