おめでたい30周年、送った花はまっ白でした。

 大和市内のレクレーショングループ「大和るんるんクラブ」が設立されて30周年が経ち昨日、式典と祝宴があり参加をさせていただいた。会長の小泉八重子さんとはフリーペーパーに携わった28年前に取材をさせていただいたのがご縁で今でも何やかやとお世話になっている親友の一人である。

 30年前に、多くのインドシナ難民が日本にたどり着き、定住したのが九州の佐世保市と神奈川の大和市など3か所の施設。「大和難民定住促進センター」が開所され、小泉さんたちるんるんクラブのメンバーは小学校の体育館でレクレーションをし、子どもや大人たちを緊張感から解き放してやっていた。夜の会場にはキラキラと光るまなざしの子どもたちとるんるんクラブの取材に若き私は走っていた。

 さて、あれから30年。おめでとうの会場に大きな花束を花やさんに頼みお届けさせていただいたが、行ってみて仰天!。大きな花は真っ白なのでした。色とりどりの華やかなお花たちに囲まれて リベルタの花はカサブランカ、ゆり、トルコキキョウ、グラジオラスが生けられ大きいが全体が真っ白・ひっそり・・・・。

 花屋さんはそれなりの理由を述べていたが流行の先端はまだ、この地域では早い。クラブの会員や会長さんも「場所を間違えたかと・・」思ったようだ。花屋さんもガッカリ!、私もガッカリ、主催者もびっくり?今回の教訓は”新たに挑戦する”時は価値観を共有すること、相手に理解をしてもらうにはここをしっかりと押さえておかなければ”独りよがり”になり、成功の道は遠いということだった。

 今さらながら‘100均‘。知らなきゃソンソンなのでした

 小さな住まいを借りた。
妹から「暮らしの雑貨は100キンで購入するのが一番いいよ!」と。さてさて「100キンとはどう書くの?」と私。そうなのでした。100円均一は、要するに「100円ショップ」というのが正しいのであると我が編集部の話です。
 目を見張るほどの品ぞろえ、 あれもこれもある・ある・ある。今どき100円で買えるものがこーんなにあったのかと「生活情報紙」を発行しておきながら本当にすみませんと、いう反省の弁でブログを書いています。

 今までのショッピングは無駄だったのかと思うとさみしくなるが、適材適所・臨機応変・物事オール善(◎)と思えば幅が広がる。「〇〇焼き」と言われる高級器で手作り料理を入れ、優雅な面持ちで食事するのも良し、時間との勝負で忙しく動き回る日常では100円ショップの器で十分とも思える。人生、両方あっていい。使い分けて合理的に暮らすのも良し。

 今さらながらの100円ショップ、今度300円ショップ・500円ショップ(ワンコインとも言うそう)をのぞいてみよう。