異常気象が普通に!?

このごろ、人と会うと必ずといってよいほど天気の話題が出ます。
西日本や北陸での大雨は、「これまでに経験したことのない」と形容されるほど。
猛暑も続いています。
また、貯水池に降らず、少雨と豪雨が地域で極端になっています。

ここ神奈川県央地域では、しばらく猛暑ではありませんが、曇りがちで「戻り梅雨」といった日々。
モワーンとした湿度の高さはいやですね。
カラッとしているほうが、多少気温が高くても耐えられます。

地球の温暖化や都市化の影響もあり、「異常気象」と呼ばれてきましたが、
最近は「極端気象」という表現が使われて、「異常気象」が普通の状態に近くなった感じすらします。
日本はもう亜熱帯気候になったと言えるのかもしれません。

2年前と比べて、節電の意識がやや薄れたようですが、少しでも温暖化を遅らせるには必要です。
今のツケが後世に影響するので、地球規模の視点を持ちたいもの。
電気やガスの料金値上げもあるし、改めて節電・省エネを心がけましょう。