新卒内定者を迎えて

10月2日に来年の新卒社員の内定式があり、アルバイト研修が始まりました。
神奈川中央新聞社としては、久しぶりに複数名の新卒社員を迎えます。

全員、平成生まれということに時代の流れを感じます。
初々しい初日のあいさつに、自分の入社時、さらに30年前の社会人としての第一歩を思い起こさせてくれました。

慣れ=マンネリ化や硬直した考えにとらわれがちの毎日。
内定学生からの素朴な質問に答える時、ベテラン社員も初心に立ち返るきっかけになります。

新卒者にとっては、社会人初の職場となるだけに、心構えをしっかり身につけてほしいと願っています。
もちろん、仕事の楽しさ(大変さ)も……。

息子・娘世代の成長に大いに期待しています。