DJポリス

サッカー日本代表のワールドカップ出場が決まった4日の夜、

いつもの通り、大騒ぎを予想した渋谷のスクランブル交差点で交通整理をしたおまわりさんが、警視総監賞を受けたそうだ。

警視総監賞はどうなの? とは思いましたが、いい仕事をされたのですね。

あの人混みのさばき方はうまいと思いました。

ソフト警備と言うらしく、「雑踏警備のあり方として、斬新な手法」と評価されました。

ものものしい空気がかえって反感を呼ぶこともあったこれまでの警備とは違い、機転を利かせ、おまわりさんの言葉で語りかけたのが心に響いたんですね。

「みなさんは12番目の選手です。チームワークをお願いします。駅の方へ進んでください」「目の前にいるお巡りさんも、みなさんが憎くて怖い顔をしているわけではありません。心の中ではW杯出場を喜んでいるのです」。

なんて言われれば、ニコッとしますよね。