知っていましたか?

9月7日に2020年のオリンピック、パラリンピックの開催都市が東京、マドリード、イスタンブールの中から決まります。
オリンピックは経済波及効果が約3兆円とも言われているため、各都市の誘致合戦が報道されていますが、国際オリンピック教会(IOC)は7月15日~8月31日内の開催を各都市に求めていることを知っていますか?
理由は欧米のスポーツ界が真夏の閑散期ならテレビの放送時間を確保しやすいから、がその理由。
秋はヨーロッパサッカーやアメリカのプロスポーツと競合します。
もし、東京が選ばれたら7月24日に開会式、8月9日に閉会式が予定されているそうで、まさに今。35度を超える猛暑とゲリラ豪雨の時期です。
また、今年のように水不足や電力不足も気になります。朝夕の涼しい時間に競技をするにしても、この酷暑、選手も観客も熱中症やなど体調が不安です。
東京開催が決まればもちろんうれしいですが、そのメリットだけでなくデメリットも公平に報道して欲しいと思いました(報道はしているのでしょうが…)。
また、欧米寄りの「真夏の開催」自体、検討できるようにと思います。
何人かの知人にも聞いてみましたが「真夏の開催が条件」を知っていたのは、スポーツメーカー勤務の友達だけでしたので、あらためてブログに書いてみました。

いつもと違う行動で新発見!!

お盆休み中はだいたい近場で過ごすことが多く、毎年車で出かけて渋滞地獄にはまる失敗を繰り返しています。

今年は、駅前の無料駐車場に車を置いて、電車で移動しました。

東海道線「早川駅」から徒歩5分。小田原漁港2階にある「魚市場食堂」で遅めの朝食をと思って出かけましたが、グズグズしていたので11時半のランチ時になってしまいました。

食堂はまさに市場の上にあるので、水びたしの場内を通り抜け食堂へ。店内

 

お盆休み中ということで、満席でしたがすぐ座れて港の昼定食(1300円)を注文。

セルフサービスですが、お刺身、魚フライ、しらすおろし、小鉢などボリュームたっぷり。お刺身も新鮮で、フライも揚げたて。 知る人ぞ知る漁港の食堂はお勧めです。

その後、日帰り温泉でも…とネットで調べ湯河原へ。万葉の湯経営の「ニューウェルシティ湯河原」にある日帰り温泉へ行きました。料金は1,000円。浴衣やバスタオルを借りるとプラス600円。テレビモニター付きのリクライニングチェアでお風呂のあともゆっくりとくつろげます。

今回、車を使わずいつもと違う行動パターンで渋滞にも巻き込まれず、ストレスもない快適な一日を過ごせました。

教訓 : 行動パターンをちょっと変えること。オススメです。

星乃珈琲店、人気のひみつ

藤沢街道長後に先月オープンした「星乃珈琲店」に営業がてら、ランチに行ってきました。
ここの窯焼きスフレパンケーキは超人気で、自宅近くのお店はいつも混み合っています。長後店も、夏休みのランチ時とあって子ども連れの家族でやはり混み合っていました。
ランチなので、スフレドリア(写真)を食べました。ドリアの上に、ふわふわのスフレがたっぷり、おいしかったです。
最近、パンケーキやフレンチトーストなどの「ちょっとお腹いっぱいになるスイーツ」が人気です。小腹がすいた??男性もおいしそうに食べてましたよ。
近くにはコーヒーショップも多くあるけれど、話題のスイーツがあるからこの賑わい。ここでしか食べられない一品があるお店は強い!!